DNA鑑定の真実

DNA鑑定業者の現状

DNA鑑定の真実のイメージ図

当社では、毎年何件かは他の会社でDNA鑑定を行った依頼人から「以前の結果が信頼できないため」などの理由による再検査の依頼を頂いています。 残念ながら、このような依頼のなかでは依頼人の勘が的中してしまうケースも珍しくありません。
実は、DNA鑑定が最も盛んであるアメリカやヨーロッパでも遺伝学やDNA鑑定の原理を理解せず、DNA鑑定を行う業者による被害が相次いています。

注1父権肯定確率(POP, Properbility of Paternity)のような遺伝学の基本的概念さえ理解していないDNA鑑定業者がいるので注意が必要です。

注意すべきDNA鑑定業者とは

DNA鑑定には資格や許可が必要ではありません。
しかし、DNA鑑定や法医学の検査は人の人生を変える大事な検査なので正しい情報と結果を依頼人に伝えないといけません。
20年前の機械やテクニックを最新のもののように広告したり、間違ったDNA鑑定結果や情報を伝える業者には注意が必要です。
DNA鑑定ができない続柄なのに検査ができる案内をしたり、正しくない情報をホームページに表記してしまう業者もいますが、このような業者を見分けられるのは簡単なことではありません。
悪質業者というよりは、おそらく単に遺伝学の知識がないだけだとは思いますが。。。

国際認証とDNA鑑定

国内では特に認定などなくても問題ないですが、アメリカやヨーロッパでは「ISO/IEC17025」国際認証を受けたDNA鑑定機関からの結果でなかったら裁判や法務局で認められません。
隣の韓国でも認定機関があるので世界どこの国でも認められる検査ができますが、残念ながら日本で行われた検査結果は他の国で認められないのが現状です。
きちんとしたプロセスと知識を持って検査を行わないと、間違った内容の検査を行ったり、検体の取り間違いなどが起こりうるからです。
私たちは世界中の研究グループとの提携により最も正確な結果をご提供するために日々努力し続けています。
安心してご依頼ください。

注1肯定確率 : 血縁関係を確認するためのDNA検査で、実の血縁関係である可能性を示す遺伝学用語


お気軽にご相談下さい。
ご質問ご相談は完全無料です ▶︎▶︎

認定検査機関の
返金保証+無料相談付きDNA鑑定

TEL 0120-919-097
受付時間 : 月~日曜日 09時00分〜18時00分

誰もが悪質業者に対する注意を呼びかけている中で、 専門知識のない一般の方が正確な結果を提供する業者を、 見分けることは簡単なことではありません。 DNA鑑定は、信頼と実績のSeeDNAにお任せください。

検査のお申し込み ▶︎