DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

心肺機能

empty

心肺機能は、文字通り心臓と肺の機能のことです。

肺では効率よく酸素を取り入れ、心臓では酸素を含んだ血液をポンプのように膨らんだり縮んだりして全身へとくまなく送ります。

この心肺機能が優れていると、体内に取り込んだ酸素を効率よく活用して、糖や脂肪を燃やしてエネルギーを生み出しやすくなります。

そのため、長い時間運動することが可能で、スタミナがあるとも表現されます。

心肺機能をどのようにして高めるか、トレーニング方法ばかりが注目されていますが、実は心肺機能にヒトのDNAがある程度影響することが分かっています。

ドイツのミュンヘン工科大学を中心に行われ調査で、ADRB2という遺伝子の特定タイプが人の心肺機能に大きな影響を与えていることが報告されています。

ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的な心肺機能の傾向を確認してみませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

ドイツのミュンヘン工科大学を中心に行われた共同研究から、ADRB2遺伝子の特定タイプによって、心肺機能に違いがある人がいる事が分かりました。

心肺機能に関わるADRB2遺伝子の特定領域の名前は「rs1042713」と呼ばれています。

「rs1042713」には、AA、GA、GGと3つの遺伝子型があり、AAタイプの遺伝子型を持つ人は心肺機能が高く、GGタイプの人は一般的な心肺機能を示す傾向があります。(参考リンク1)

日本人の遺伝子タイプは、GAタイプが最も多い46.5%、GGタイプが33.0%、AAタイプ最も少ない20.5%を示します。(参考リンク2)

AAタイプの人のように、心肺機能が高い傾向にある人は、持久力が高く疲れにくいなどの特徴があります。

心肺機能が高いと体内に取り込んだ酸素を使って、糖質や脂質といったエネルギー源を効率よく燃焼させることができます。

そのため、パフォーマンスを維持したまま体を長い時間動かすことができ、長距離マラソンや水泳、登山などに向いているといえます。

このように心肺機能に関する遺伝的な傾向を科学的に確認することで、その人の能力に合わせてスポーツや自分に合った趣味などを検討できるのではないでしょうか?

作用機序、メカニズム

【rs1042713】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : G

心肺機能に関わるADRB2遺伝子(β2アドレナリン受容体遺伝子)は、ヒトに共通する24の染色体の内、5番染色体に位置します。

ADRB2遺伝子は、主に心臓、血管や気管支、脂肪などに存在しており、血管や気管支を拡げる機能に関係しています。

実際にアメリカのアリゾナ大学薬学科学科で行われた研究から、ADRB2遺伝子の特定タイプが運動負荷に対して心拍出量、血管拡張、気管支拡張を促進することが明らかとなっています。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬