DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

多部位慢性疼痛

empty

多部位慢性疼痛

あなたは肩や腰、関節などの慢性的な痛みに悩んでいませんか?

もし、そしてその痛みを“、年齢だから仕方がない”と思っているのであれば、ぜひ最後までこの記事をお読みください。

「慢性疼痛(まんせいとうつう)」と呼ばれる症状は、特定の原因がなく、痛みが3ヶ月以上続く状態のことです。(参考資料1)

多部位慢性疼痛

。進行すると、睡眠障害、食欲減退、抑うつや不安などの原因にもなります。

「慢性疼痛」になるきっかけは、骨折などの外傷や手術、関節炎、ストレスなど様々です。

「このまま痛みがずっと続いていたり、治らなかったらどうしよう・・・。」など、不安感が続くことで脳が過敏になり、けがが治っても痛みが取れなくなる可能性があります。

この慢性疼痛の起こりやすさには、驚くべきことに遺伝的要因が関与していると言われています(参考資料2)。

慢性的な体の痛みにお悩みであれば、一度遺伝子検査で体質を調べて見みませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

「慢性疼痛」慢性疼痛は、けがや病気に対する不安などの心理的要因をきっかけに神経が過敏になり、痛みの信号が出過ぎてしまうことが原因であり、神経伝達に関連した遺伝子が関与します(参考資料3)。

その原因遺伝子の一つとして見つかったのが13番染色体に存在する「AL450423.1」という遺伝子で、、この遺伝子に属するさまざま様々な遺伝子タイプDNA領域のひと一つが「rs1443914」と呼ばれるDNA領域です(参考資料2)。

このDNAの領域は、38万人のイギリス人を対象に遺伝的変異を調べた解析で、慢性疼痛に関連して変異があるDNA領域として発見されました(参考資料2)。

「AL450423.1」は、自身がタンパク質になる機能を持たない遺伝子ですが、神経伝達に関連した遺伝子の発現を調節する機能を持ちます。

この遺伝子の「rs1443914」の領域に変異があると、神経伝達に関わる遺伝子の発現が障害され慢性疼痛になりやすくなります。

DNA領域「rs1443914」には、「TT型」「, TC型」「, CC型」の3つの遺伝子型があります。

「、TT型」が通常型で、「AGTC型」や「GGCC型」は変異型です。

日本人の遺伝子タイプは以下のとおりで、8割近くが変異のある人です。(参考資料4)

■3つのタイプ別割合はTT型: 23.1% 

■、TC型: 49.9% ※変異型

■、CC型: 27.0% ※変異型

になり、8割近くが変異のある人です(参考資料4)。変異型では、神経伝達に関わる遺伝子が抑制され慢性疼痛を起こしやすく、「CC型」の変異はその程度が大きいです。

そのため、「CC型」の変異だと、うつ病、PTSDなどの神経疾患や、免疫系の疾患、ガンにもなりやすいとの報告があります(参考資料5)。

作用機序、メカニズム

【rs1443914】

病名: empty

染色体位置: 13番

遺伝子: AL450423.1

臓器: 主に肩、腰、関節

Risk Allele : C

私たち達の身体体は、神経細胞から放出される神経伝達物質(アドレナリン、セロトニンなど)によって神経伝達を行います。

「慢性疼痛」慢性疼痛は感覚神経において、神経伝達などに関連した遺伝子の発現が障害され、正常な神経伝達が行えなくなっている状態です。

特に、セロトニンやノルアドレナリンといった痛みを和らげるような役割の神経伝達物質が減少することや、うまく働かなくなることで痛みを過剰に感じやすくなります。

DNA領域「rs1443914」に変異があると、遺伝子「AL450423.1」が神経伝達に関係した遺伝子の発現を抑制し、セロトニンやノルアドレナリンの作用を抑えるので痛みが感じやすくなるのです (参考資料2)。

また、「慢性疼痛」慢性疼痛が進行するとうつ病などの神経疾患になりやすいのは、セロトニンは不安を和らげる、ノルアドレナリンは意欲を高める機能を持つので、これらが作用しなくなることで不安や無気力になるためです(参考資料6)。

「慢性疼痛」慢性疼痛の原因の多くが心理的要因なため、痛み止めや湿布などはほとんど効果がないので、医療機関で適切な治療を受けるのが大事です。

また、この遺伝子に変異がある方は他の精神疾患のリスクも高くなるので不安なことは溜め込まず、相談して解決するのが重要になります。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬