DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

腎機能

empty

腎機能

慢性的に腎機能が低下する「慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease: CKD)」という病気があります。

「CKD」は、比較的新しい病気の概念で、実は日本に1,300万人以上の患者がいるとも指摘されています。

「CKD」の初期段階では自覚症状がほとんどないため、病気に気付きにくい一方、「CKD」が進行し病状が悪化すると、腎機能の回復が見込めなくなるおそれがあります。

腎機能

「CKD」は、早期に治療すれば回復可能な病気で、疾患の有無の指標となるバイオマーカーとして利用されているのがアルブミン尿です。

アルブミンはタンパク質の一種で、腎機能が正常であれば本来は尿として排出されません。

一方、尿中アルブミン濃度は運動や血圧などが影響して変動しやすいことも知られており、尿中のクレアチニンという物質の濃度を使って補正するのが一般的です。

この補正した数値を、尿アルブミン/クレアチニン比(Albumin-Creatinine Ratio: ACR)といいます。

近年の研究から、「ACR」は遺伝子の働きとも関係があることが判明しています。(参考リンク1)

遺伝子検査でご自身の遺伝子タイプを調べれば、より正確な腎機能の状態の把握につながる可能性があり、「CKD」の早期発見にも役立ちます。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

イギリスのエクセター大学の研究者らが行った調査は、「ACR」と遺伝子の関連を示しています。

その報告によると、DNA領域「rs3116613」という遺伝子の特定領域がリスク型のとき、

「ACR」が上昇する傾向にあります。

ヒトの遺伝情報は、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という塩基成分の配列によって決まり、DNA領域「rs3116613」内にも「A」、「T」、「G」、「C」が並んでいます。

その中の一塩基「T」が「G」に置き換えられるとき、「ACR」上昇の傾向がみられるということです(参考リンク2)

この場合の「G」をリスクアレルと呼びます。

DNA領域「rs3116613」の遺伝子タイプは、「TT型」、「TG型」、「GG型」の3つに分類でき、「GG型」ほど「ACR」が上昇しやすく、「TG型」はやや上昇しやすいといえます。

日本人の遺伝子タイプは以下のとおりです。

■TT型:97.3% ※最も多い

■TG型: 2.7%

■GG型:0.02% ※最も少ない

※四捨五入の関係で合計は100% 

作用機序、メカニズム

【rs3116613】

病名: empty

染色体位置: 13番

遺伝子: DLEU1

臓器: 腎臓

Risk Allele : G

DNA領域「rs3116613」は、遺伝子「DLEU1」に存在し、DLEU1はヒトに46本ある染色体の中で、13番目の染色体にあります。

遺伝子「DLEU1」は、lncRNA(長鎖ノンコーディングRNA)という物質の生成に作用し(参考リンク3)、RNAは細胞がタンパク質をつくる土台になります。

その中で、lncRNAは遺伝子発現制御などを担っていると考えられていますが、いまだ解明されていない点も多い物質です。

「ACR」の上昇と関連がある他の遺伝子は、心血管疾患の発症にも関係しているとの報告もあり、今後「DLEU1」のさらなる解明が期待されています。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬