DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

四肢除脂肪体重

骨粗鬆症

四肢除脂肪体重

体重は、“体脂肪量”と“除脂肪体重”で構成されています。

除脂肪体重とは、脂肪以外の組織の重さのことで、筋肉や骨、内臓などの量が反映されます。

“体脂肪量”と“除脂肪体重”のバランスや変化量を見ることは、体重の増減だけでは分からない体の変化を知ることができます。

四肢除脂肪体重

例えば、ダイエットをするとき、体重は変わっていなくても、体脂肪量が減って筋肉量が増えていれば、効果が出ていると考えられます。

また、“除脂肪体重”は骨密度の予測にも役立ちます。(参考リンク1)

“体脂肪量”と“除脂肪体重”を把握することは、健康管理に有効なのです。

“除脂肪体重”の中でも、両腕と両脚の除脂肪体重をすべて足した重さを、「四肢除脂肪体重(ALM)」といいます。

これは、サルコペニア(加齢や病気による筋肉量・身体機能の低下)などにおける筋肉量の目安としてよく使われています。

「四肢除脂肪体重(ALM)」を含む、“除脂肪体重”と関連のある遺伝子はいくつも報告されており、そのひとつが遺伝子「LRP5(低密度リポタンパク質受容体関連タンパク質5)」です。

この遺伝子の中にあるDNA領域「rs3736228」が、「四肢除脂肪体重(ALM)」と関連している可能性が示されています(参考リンク2)。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

DNA領域「rs3736228」は、「LRP5」というタンパク質の遺伝子の中にある部位で、「CC型」、「CT型」、「TT型」の3つのタイプがあります。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。

■CC型:約51.7%

■CT型:約40.4%

■TT型: 約 7.9%

世界全体の遺伝子タイプは、以下のとおりです。

■CC型:約81.18%

■CT型:約17.84%

■TT型:約 0.98%

「T」の型が「四肢除脂肪体重(ALM)」の減少に影響すると考えられており、

「TT型」や「CT型」は、「CC型」より「四肢除脂肪体重(ALM)」が少なくなっている可能性が示されております。(参考リンク2)

作用機序、メカニズム

【rs3736228】

病名: 骨粗鬆症

染色体位置: 11番

遺伝子: LRP5

臓器: 骨

Risk Allele : T

DNAは4種類(A:アデニン、T:チミン、C:シトシン、G:グアニン)の塩基と呼ばれる化合物を持ち、多様な塩基の並び方(塩基配列)が、さまざまな遺伝子の情報を作ります。

タンパク質は複数のアミノ酸が連なったもので、塩基配列はこのアミノ酸の並び方(アミノ酸配列)を指定します。

遺伝子「LRP5」は、細胞の膜を貫通しているタンパク質です。

細胞外からの信号となるWntタンパク質が、遺伝子「LRP5」に結合すると、その信号を細胞内に伝達し、糖や脂質、骨の代謝などを調節する働きがあります。(参考リンク4、5)

また、Wntタンパク質が筋肉の増大や修復に関与することも示されています。(参考リンク6)

遺伝子「LRP5」の中にある部位「rs3736228」の塩基が「C」から「T」に変わると、「LRP5」中のアミノ酸のひとつが“アラニン”から“バリン”に変わります(Ala1330Val)。

この1ヶ所のアミノ酸多型がタンパク質全体の構造や活性を変化させ、アミノ酸“バリン”を持っている「LRP5(rs3736228-T型)」は、活性が落ちることが分かっています。(参考リンク7)

さらに、DNA領域「rs3736228」の「CT型」と「TT型」は、「CC型」より骨密度が低い傾向にあるという報告があります。

そのため、「LRP5」の働きが弱くなることが骨代謝に影響を与え、骨密度低下や骨粗鬆症などの原因の一つとなっている可能性があります。(参考リンク8)

筋肉と骨は、相互作用することが知られています。

これまでの研究でも、「四肢除脂肪体重(ALM)」と骨密度の関連が示されております。

また、骨密度低下に伴うサルコペニアのリスクの上昇や、「四肢除脂肪体重(ALM)」が骨密度に比例して増加することが分かっています。(参考リンク9)

DNA領域「rs3736228」と「四肢除脂肪体重(ALM)」が関連するメカニズムを理解するにはまだまだ追加の研究が必要です。

しかしながら、遺伝子「LRP5」の骨密度低下に伴う「四肢除脂肪体重(ALM)」の減少、または「LRP5」の活性が落ちてWntタンパク質の信号が弱まり、筋肉が増えなくなることが、原因となっているかもしれません。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬