DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

癒し

empty

癒し

ウイルスや細菌に感染した時に自分が重篤化しやすいかどうか心配になったことはありませんか?

ウイルスや細菌の感染が起こると体内では免疫系を活性化するために炎症性サイトカインが産生され、発熱や頭痛などが起こります。

通常はウイルスや細菌が減少すると、サイトカインの分泌量が減り、発熱などの症状は収まります。

癒し

しかし、制御不能な過剰な免疫反応により、生命を脅かすような臓器障害が起こることがあり、これを「敗血症」といいます。

敗血症は、重篤化すると複数の臓器で障害が起こり、多臓器不全となり、死に至る病気で、28日後の死亡率は60%に達すると言われています(参考資料1)。

敗血症の原因はウイルスや細菌などの感染症ですが、驚くべきことに敗血症の起こりやすさには遺伝的要因が関与していると言われています。(参考資料1、2)

あなたも自分に敗血症による重症化のリスクがあるか一度調べて見ませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

敗血症が起こる原因のひとつは、感染で起こる炎症性刺激によって、インターロイキン(IL)-1などの炎症性サイトカインが過剰産生されることです(参考資料3)

その原因遺伝子のひとつとして見つかったのが13番染色体に存在する遺伝子「SRSF1P1(serine and arginine rich splicing factor 1 pseudogene 1)」です。(参考資料4)

この遺伝子「SRSF1P1」に属する、さまざまな遺伝子タイプの一つが「rs9529561」と呼ばれるDNA領域です。

この遺伝子は、敗血症患者(4,210人)の遺伝的変異を調べた解析で、

28日後の死亡率に相関して変異があるDNA領域として発見されました(参考資料4)。

遺伝子「SRSF1P1」は自身がタンパク質になる役割を持ちません。

炎症性サイトカインに関連した遺伝子の発現を調節する機能を持ちます。

この遺伝子のDNA領域「rs9529561」に変異があると、炎症性サイトカインの過剰産生が起こります。

DNA領域「rs9529561」には、「AA型」「AG型」「GG型」の3つの遺伝子型があります。

「AA型」が通常型で、「AG型」や「GG型」は変異型です。

日本人の遺伝子型タイプは以下のとおりです。(参考資料5)

■AA型:84.1%

■AG型:15.2% ※変異型

■GG型: 0.7%  ※変異型

変異型では、炎症性サイトカインの産生量が増え、敗血症を起こしやすくなります。「GG型」の変異だと産生量が増え、重篤化しやすく、死亡率も高くなります。

また、この遺伝子に「GG型」の変異があると慢性腎臓病を引き起こしやすいです。(参考資料4)

作用機序、メカニズム

【rs9529561】

病名: empty

染色体位置: 13番

遺伝子: SRSF1P1

臓器: 血液

Risk Allele : G

炎症性サイトカインは免疫系の活性化のために重要ですが、分泌制御が効かなくなると、さまざまな臓器にダメージを与え、場合によっては生命を脅かすような臓器障害を引き起こします。

遺伝子「SRSF1P1」は、pseudogene(残骸、ジャンク遺伝子)と呼ばれ、タンパク質としての機能は持ちません。

しかし、炎症性サイトカインの産生に重要な「GATA2」と呼ばれる転写因子に結合し、炎症性サイトカインの産生に関与します。

DNA領域「rs9529561」に変異があると、遺伝子「SRSF1P1」が「GATA2」に結合しやすくなり、「GATA2」の機能(遺伝子の転写活性)を高めることで、炎症性サイトカインの過剰産生が起こります(参考資料4, 6)。

敗血症は、誰もがかかる可能性がある病気です。

敗血症になると、医療機関での集中治療が必要になります。

遺伝子「SRSF1P1」のDNA領域「rs9529561」に変異がある場合は、

栄養バランスのとれた食事や十分な睡眠で免疫機能を高めるのはもちろんですが、s

体調に異変を感じたら、我慢せずに直ぐに医療機関にかかるのをお勧めします。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬