DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

免疫

empty

免疫
免疫

世の中には多くの「感染症」が存在しますが、そのかかりやすさは人それぞれです。

例えば、インフルエンザに一度もかかったことがないという人もいれば、毎年かかってしまう人もいます。

自分は「感染症」にかかりやすいタイプなのか気になる人は多いのではないでしょうか。

かかったことがない人と頻繁にかかる人とでは、何が違うのでしょう?

「感染症」は病原体(細菌やウイルスなど)が私たちの体に感染して、熱、咳、喉の痛み、扁桃炎、頭痛などの症状を引き起こす病気の総称で、風邪、肺炎、B型肝炎、咽頭炎、はしかなど様々な病気が含まれます。

「感染症」は世界で2番目に多い死因であり、場合によっては他の病気の発症リスクを高める懸念もあります。

「感染症」による症状は病原体が感染した場所によるので様々ですが、驚くべきことに、かかりやすさは遺伝的要因(体質)が関与していると言われています。(参考リンク1)

あなたも自分が「感染症」にかかりやすい体質かどうか一度調べて見ませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

体内に侵入したウイルスや細菌などの情報は、白血球を介して免疫の実行部隊である「T細胞」や「B細胞」などに伝えられます。

この情報伝達に重要な役割を担う遺伝子の一つとして見つかったのが13番染色体に存在するKLHL1 (Kelch Like Family Member 1)という遺伝子で、この遺伝子に属する様々な遺伝子タイプの一つが「rs9542155」と呼ばれるDNA領域です。

このDNA領域は、20万人以上のヨーロッパ系の人を対象に遺伝子多型を調べた解析で、「感染症」に伴う扁桃炎に関連して多型が認められるDNA領域として発見されました。(参考リンク2)

DNA領域「rs9542155」には、「TT型」、「TC型」、「CC型」の3つの遺伝子型があり、「TT型が通常型です。

日本人の遺伝子タイプは以下のとおりです。(参考リンク3)

■TT型:32.5%

■TC型:49.0% ※最も多い

■CC型:18.5% ※最も少ない

「TC型」や「CC型」では、白血球による抗原提示機能が抑制型になるので、病原体に対する免疫応答が弱まります。

また、「CC型」のタイプでは、免疫応答の抑制が強くなるので、「感染症」にかかりやすく、重症化や他の病気を併発しやすくなります。(参考リンク2, 3)

作用機序、メカニズム

【rs9542155】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : C

白血球は体内に侵入した病原体を取り込み、「T細胞」や「B細胞」などの免疫の実行部隊にその情報を伝える役割を持ちます。

この情報伝達に重要になるのが、「HLA(ヒト白血球抗原)」です。

「HLA」は細胞表面に発現し、この「HLA」の情報を読み取ることで「T細胞」などは病原体を認識できるようになり、免疫反応が起こります。(参考リンク4)

「KLHL1」はアクチン結合タンパク質で、細胞骨格の形成に重要なタンパク質です。

白血球の抗原提示機能においては、「HLA」の形成の際に関与しています。

DNA領域「rs9542155」が「TC型」や「CC型」のタイプになると、「HLA」抗原の構造が抑制型になり、免疫細胞の活性化が妨げられるので、「感染症」にかかりやすくなります。(参考リンク2, 5)

そのため、DNA領域「rs9542155」が「TC型」や「CC型」のタイプの人は、普段の生活から栄養のバランスのとれた食事や十分な睡眠などで免疫機能を高めておくことが大事です。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬