DNAスコア検査結果-顔認識能力

顔認識能力

顔認識能力

「rs1522280」は、RAPGEF5遺伝子のSNPでAA、AG、GGと3つの遺伝子型があります。
RAPGEF5遺伝子は、グアニンヌクレオチド交換因子(GEF)というタンパク質を作る遺伝情報を持っています。
このタンパク質は、細胞の成長や増殖など様々な生体信号の伝達に重要な経路を活発な状態にします (参考リンク1)。また、視覚などの感覚的な情報も伝達します (参考リンク3)。

「rs1522280」は、RAPGEF5遺伝子のSNPでAA、AG、GGと3つの遺伝子型があります。
RAPGEF5遺伝子は、グアニンヌクレオチド交換因子(GEF)というタンパク質を作る遺伝情報を持っています。
このタンパク質は、細胞の成長や増殖など様々な生体信号の伝達に重要な経路を活発な状態にします (参考リンク1)。また、視覚などの感覚的な情報も伝達します (参考リンク3)。

イギリスのケンブリッジ大学心理学部の研究では、白黒画像による顔認識テスト(ムーニーフェイステスト)が行われました。
単純な白と黒の色彩にだまされることなく、顔のイメージを認識できた場合に、顔認識能力が高いと評価されます (参考リンク1)。

評価では、rs1522280において遺伝子型にAを持つ人ほど、顔認識能力に優れている傾向があることが示唆されています。
すなわち、rs1522280においてAAの遺伝子型を持つ人、AGの遺伝子型、GGの遺伝子型を持つ人の順に顔認識能力に優れている可能性が高いといえます。

また科学的な記憶メカニズムや遺伝子については解明されていませんが、人並みはずれた顔認識能力を持つ極少数の人々のことをスーパーレコグナイザーと呼ばれており、指名手配犯の捜査員として有利な能力であると言われています (参考リンク4)。

以上のように、「rs1522280」は顔認識能力といった才能や知性に関係し、注目されているSNPの一つです。

参考リンク1:https://aspace.repository.cam.ac.uk/bitstream/handle/1810/245866/OA-1493_An%20online%20version%20of%20the%20Mooney%20Face%20Test%20-%20Neuropsychologia%20-%20Accepted%20Manuscript.pdf?sequence=1&isAllowed=y

参考リンク2:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/GTP%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BC

参考リンク3: https://nazology.net/archives/74246#%E8%A6%8B%E3%81%9F%E9%A1%94%E3%82%92%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8C%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F