DNAスコア検査結果-怒りやすさ

怒りやすさ

怒りやすさ

「rs6954895」は、「怒りやすさ」についてのSNPです。
人口の20人に1人が強い怒り、敵意、攻撃性を持ちやすいとされています。感情のコントロールがうまくとれないと、社会において与えられた役割を適切に果たせないリスクが高くなります。
また、急激な感情の変化によって心臓や血管系の病気などと関連性が高くなるといわれています。

この部分の遺伝情報のタイプにはGG、GA、AAという3つのタイプがあり、Gが多いほど怒りやすい、攻撃性が高いという傾向があります。
欧米人8000人ほどのデータを収集した研究によるとタイプごとの割合はGG10%、GA40%、AA50%ほどとされています。

この遺伝情報をもとにして人間関係での問題、関連する病気ののリスクを検討すると、怒りやすいタイプの人の場合はアンガーマネージメントを受けて感情のコントロールを学ぶ、病気については早めに診断や治療を行うなど、有益である可能性が考えられます。

参考リンクhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/snp/rs6954895
https://www.ebi.ac.uk/gwas/search?query=rs6954895