DNAスコア

各カテゴリーについて

骨格筋

骨格筋

スポーツやトレーニングは筋肉を収縮させて行われる身体運動です。
そのパフォーマンスには筋肉の強さが大きく関係しています。
筋肉の強さは「瞬発力型」と「持久力型」の2種類の筋肉が影響し、それらが筋肉に占める比率はDNA(遺伝子)が大きく関係しています。
例えば瞬発力型の人は、筋肉を収縮させるスピードが早く、大きなパワーを発揮します。そのため、短距離種目(短距離走、水泳、格闘技など)が適しています。
持久力型の人は、筋肉がゆっくり収縮するため生み出すパワーも少ない傾向にあります。しかし酸素を使ってエネルギーを作る効率が高いため、持久力を要する長距離種目(マラソン、トライアスロンなど)に適しています。
瞬発力型なのか、持久力型なのかを知ることは、効率の良いトレーニング方法や、どんなスポーツが向いているかなどの選定に役立ちます。
ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的な筋肉の強さの傾向を確認してみませんか?

筋肉

【理論的根拠】

α-アクチニン3の産生に関わるACTN3遺伝子の特定領域(SNP)の名前は「rs1815739」と呼ばれています。
α-アクチニン3は瞬発力を生み出す筋肉の新陳代謝に関連するタンパク質で、CC, CT, TTの3つのタイプがあります。

オーストラリアのYangらが行った研究によると、短距離走やパワー系種目においてオリンピックレベルで活躍する男性選手全員が遺伝子型に(C)を持っていました。(参考リンク3)
一方で、長距離などの持久力系の選手は遺伝子型にTTを持つ傾向にあることがわかっています。
また日本人の遺伝子型の割合は、CC 20%、CT 54%、TT 26%となっています。(参考リンク4)

瞬発力型筋肉にしか存在しないという特徴があり、加齢に伴う筋力低下との関連が注目を浴びています。
日本体育大学の調査によると、遺伝子型にR(C)を持つ瞬発力が高いタイプによる筋力テストは、持たないタイプと比べて成績が優れていました。その傾向は60歳以上になるとより顕著に差が出ています(参考リンク5)。
この結果は加齢による瞬発力型筋肉の減少が、瞬発力型筋肉が発達しやすい人ほど緩やかであることが要因と考えられます。

才能に関する遺伝的な要素を確認した上で、トレーニングの種類や時間を検討し短所を補えれば、長所に変えていけるのではないでしょうか。

【DNAとの関連メカニズム】

筋力の強さ、瞬発力型筋肉の代謝に関わるACTN3遺伝子は、人に共通する24の染色体の内、11番染色体に位置します。
ACTN3という遺伝子は、α-アクチニン3というタンパク質を作り出します。
CC、CT、TT、3つの遺伝子型は、それぞれ一部がα-アクチニン3タンパク質中の一部がRR、RX、XXというタイプになっています。
Rはタンパク質を構成するアミノ酸がアルギニンという成分で会うことを示し、Xはタンパク質合成中止の合図を示しています。
つまり、α-アクチニン3を構成する特定のアミノ酸がRからXに変化するとα-アクチニン3ができなくなり、瞬発力型筋肉が発達しにくくなります。

この2つの組み合わせではCC(RR),CT(RX),TT(XX)の順に、筋肉がつきやすく太くなりやすい、力が強くスピードは速い、スポーツやトレーニング時に怪我をしづらくなるという研究があります(参考リンク2)。

遺伝子型TTの場合は、瞬発力型筋肉のみに存在するα-アクチニン3が作れません。しかし代わりにα-アクチニン2が働くため、病気になることはありません。

以上のように、「rs1815739」は筋力の強さといった才能にも関係し、注目されているSNPの一つです。