DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

心血管障害

empty

心血管障害

血圧とは、心臓から送り出された血液が、血管内を通るときに、血管壁にかかる圧力血管の内壁を押す力(圧力)のことをいいます。

その圧力が、必要以上に高い状態が慢性的に続くことを「高血圧」といいます。

「高血圧」の原因は、大きく2つ挙げられます2つに大別されます。

心血管障害

本態性高血圧:原因不明

二次性高血圧:腎臓疾患やホルモンの分泌異常が原因となり引き起こされる

一般的に「高血圧」とは、“本態性高血圧”のことを示します。

これは、「高血圧」の人の90%以上を占め、死亡リスクの高い脳卒中や心筋梗塞といった病気の間接的な原因となっています。

「高血圧」の原因は、

遺伝的要因が6割、生活習慣などの環境要因が4割と考えられており、

近年では関連遺伝子として、複数の遺伝子が報告されています。

最近の研究報告によると、遺伝子「ATP2B1」付近のある部位が、「高血圧」の発症リスクに影響を与えている可能性が高いことが明らかになりました。

「高血圧」は、“静かなる殺し屋(サイレント・キラー)”とも呼ばれており、自覚症状に乏しく、放っておくと知らないうちに脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる重篤な病気を引き起こすことがあります。

日本高血圧学会の治療ガイドラインによると、

「高血圧」の患者数は約4,300万人と推定されています。

しかし、そのうち約2,000万人は、命に関わる可能性があるにも関わらず、「高血圧」と気づかずに放置しているか、気づいても治療をしていないのが現状です。(参考リンク1)

今後も食の欧米化や高齢化に伴って増えていく事が見込まれており、「高血圧」に気づくきっかけ作りや予防が必要です。

ご自身の遺伝子タイプを調べて、発症リスクを知ることは、発症の予防や早期対策に役立つと思われます。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

東京の国立国際医療研究センターで行われた研究から、

遺伝子「ATP2B1」付近の特定タイプによって、「高血圧」を発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

その部位は「rs11105364」と呼ばれています。(参考リンク2)

DNA領域「rs11105364」には、「TT型」、「GT型」、「GG型 」の3つの遺伝子型があります。

■TT型:高血圧を発症しやすい傾向にある。

■GT型:高血圧をやや発症しやすい傾向にある。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク3)

■TT型:39.8% 

■GT型:46.6% ※最も多い ※最も多い

■GG型:13.6% ※最も少ない※最も少ない

驚くべきことに、日本人の約9割弱もの人が、「TT型」もしくは「GT型」の高血圧を発症しやすい遺伝型を持っています。

しかし当然のことながら、必ずしも「高血圧」を発症するわけではなく、「GG型」の人も含めて環境要因に留意する必要があります。 

たとえば、塩分の摂りすぎ、野菜や果物不足、肥満、運動不足、飲酒、喫煙は血圧を上昇させてしまう要因とされています。

予防するためには、塩分摂取量(男性7.5g/日、女性6.5g/日が推奨)を減らし、血圧を下げる効果が期待できるカリウムやマグネシウム、カルシウムを野菜や果物、海藻類から積極的に摂取する、適性体重を維持して適度な運動をする、禁煙、アルコールは1合前後に控えるといったことを心がけることが重要です。

また、血圧は温度変化やストレスに敏感なため、冬は部屋の温度や防寒に気を配ること、便秘や寝不足といった身体のストレスに対する自己管理を行うことも必要かもしれません。

早い時期に遺伝子検査で、自分の高血圧の発症リスクを把握しておくことにより、なるべく発症させないような生活・環境面でのリスク管理が可能となります。

作用機序、メカニズム

【rs11105364】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : T

「高血圧」の発症に関わる遺伝子「ATP2B1」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、12番染色体に位置します。

遺伝子「ATP2B1」は、カルシウムイオンを細胞内に移動させ、細胞内のカルシウムイオン濃度を正常に維持するための酵素に関する遺伝情報を持ちます。

また、脳や骨髄、副腎といった組織に多く存在することがわかっていますが、血管の収縮と弛緩を行う“血管平滑筋”という筋肉の一種にも発現しているとの報告があります。(参考リンク4)

遺伝子「ATP2B1」が、高血圧のリスクに影響を与えるというメカニズムは、まだ解明されていませんが、ある研究によると、「ATP2B1」がカルシウムイオンを血管平滑筋細胞内へ移動させることによって、血管の収縮具合を調節し、血圧を上げたり下げたりしている可能性が示唆されています。(参考リンク4)

すなわち、DNA領域「rs11105364」の遺伝子型で「T」を持つ人は、血管平滑筋細胞の遺伝子「ATP2B1」がうまく作用しないため、血圧が上がりやすく、高血圧を引き起しているのではないかと推測することができます。

以上のように、「rs11105364」は高血圧の発症に深く関係し、注目を浴びているDNA領域の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬