DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

前立腺がん

前立腺がん

前立腺がん

前立腺は、生殖機能に関わる男性特有の臓器です。

膀胱の下側に、尿道を取り囲むような形で存在しており、前立腺液(精液の一部)の分泌により、精子に栄養を与え、精子を保護する大切な役割を担っています。

前立腺がんは、世界でも非常に発症頻度の高い病気の一つです。

前立腺がん

特にアメリカでは、男性のがんの中で、前立腺がんが「罹患数:1位」「死亡数:2位」となっています。

東洋人(日本人を含む)は、もともと前立腺がんになる発症リスクは低いと言われていましが、高齢化や食生活の欧米化などに伴って、この20年間で「約30倍」に急増しました。

厚生労働省の研究班によると、日本でも、前立腺がんの罹患数が、2024年までに「1位」になると予想されています。

前立腺がんの発症には男性ホルモンや加齢、食生活のほかにも遺伝が関係していると考えられています。

最近の研究報告によると、遺伝子「CCHCR1」が前立腺がんの発症リスクに影響を与えている可能性が高いことが明らかになりました。

ご自身の遺伝子タイプを調べて、前立腺がんの発症リスクを知ることは、発症の早期診断・早期治療に役立つかもしれません。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

ロンドン大学癌研究所が行った研究(アメリカ、オーストラリアなどと共同研究)から、遺伝子「CCHCR1」の特定の型によって、前立腺がんを発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

この遺伝子「CCHCR1」のDNA領域のひとつが「rs130067」と呼ばれています。(参考リンク1)

DNA領域「rs130067」には、3つの遺伝子型「TT型」「TG型」「GG型」があります。

「TG型」や「GG型」など「G」の遺伝子型をもつ人は、

遺伝子「CCHCR1」タンパク質の一部が、グルタミン酸からアスパラギン酸に変わっていて、前立腺がんを発症しやすい傾向にあることがわかっています。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク2)

■TT型: 48.7% ※最も多い

■TG型:40.7%

■GG型:10.6% ※最も少ない

つまり、「GG型」と「TG型」で「51.3%」を占めることから、2人に1人が前立腺がんの発症リスクが高い傾向にある遺伝子をもつと言えるのです。

前立腺がんは、他の臓器のがんと比較してゆっくりと進行するため、早期に発見できれば治りやすいがんであると言えます。

しかし、初期には自覚症状がほとんど無く、発見が遅れてしまうケースが見受けられます。

進行すると、骨や臓器にまで転移することもあるため、できるだけ早い段階で発見し、適切な治療を行うことが重要です。

前立腺がんの遺伝的発症リスクを把握しておくことは、疾患の早期発見・早期治療につながる一助となるでしょう。

作用機序、メカニズム

【rs130067】

病名: 前立腺がん

染色体位置: 6番染色体

遺伝子: CCHCR1

臓器: 前立腺

Risk Allele : G

前立腺がんの発症に関わる可能性のある遺伝子「CCHCR1」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、6番染色体に位置します。

遺伝子「CCHCR1」が異常に制御されることで、タンパク質「EGFR」の活性化に影響を与えることがわかっています。

タンパク質「EGFR」はがん細胞が増殖するためのスイッチのような役割を果たしています。

遺伝子「CCHCR1」の異常より、タンパク質「EGFR」が影響を受けると、がん細胞を増殖させるスイッチが常にオンとなっているような状態となり、がん細胞が限りなく増殖してしまうことになります。

以上のことから、遺伝子「CCHCR1」の DNA領域「rs130067」は、前立腺がんの発症に深く関係しており、注目を浴びているSNP(スニップ)のひとつなのです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬