DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

結核

empty

結核

結核は、結核菌という細菌の一種によって引き起こされる感染症で、肺や腎臓、腸に入り込んで炎症を引き起こします。

進行すると結核菌が血流に乗って、全身にばら撒かれ病巣が作られる状態(粟粒結核)となり、命に危険が及ぶことさえある怖い病気です。

昔の病気のように感じますが、日本では年間で約18,000人が結核を新たに発症し、世界の10大死因の一つにもなっている身近な感染症です。(参考リンク1)

結核

また、結核菌は感染したからといって全ての人が発症するわけでなく、感染している人のうち5〜15%が発症するといわれています。

さまざまな研究から、結核の発症には遺伝的要因と環境要因の両方が影響することがわかっています。

近年では、結核の発症リスクに関わる遺伝子が複数発見されており、今回はその中でも、ZNF630という遺伝子付近のとある部位に関して説明します。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

南アフリカのケープタウン大学感染症分子医学研究所で行われた研究から、ZNF630遺伝子付近の特定タイプによって、結核を発症しやすい人が多い傾向にあるということが明らかになりました。

その部位は「rs142513793」と呼ばれています。(参考リンク2)

「rs142513793」には、CC、CT、TTと 3 つの遺伝子型があります。

CCタイプの遺伝子型をもつ人は、結核の発症リスクが高い傾向にあり、CTタイプの人はやや高い傾向があることがわかっています。

日本人の遺伝子型は、CCタイプが最も多い 99.98%、CTタイプは0.01%、TTタイプは最も少ない0.01%未満を示します。(参考リンク3)

日本人の大多数がCCタイプの結核を発症しやすい遺伝子型を持っていることになりますが、必ずしも結核を発症するわけではありません。

たとえば、糖尿病患者では結核を発症するリスクが約3倍、喫煙者では約2.3倍高くなることが報告されており、低栄養は結核菌に対する免疫機能を低下させるため、発症の重要なリスク因子とされています。(参考リンク4、5、6)

すなわち、禁煙や糖質の少ない食生活を心がけ、ビタミンや微量必須ミネラルをサプリメントで栄養補助することは、遺伝子型に限らず、免疫力の低下を防ぐことに期待できます。

このように、発症リスクを高める生活習慣を回避し、発症リスクを少しでも減らす環境を選択することが大切です。

遺伝子タイプを調べて結核菌の発症リスクを知ることは、生活習慣・環境面での予防や早期対策のきっかけ作りに役立つかもしれません。

作用機序、メカニズム

【rs142513793】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : C

ZNF630遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、X染色体に位置し、亜鉛イオンと結合するジンクフィンガータンパク質に関する遺伝情報を持ちます。

また、甲状腺、卵巣などのさまざまな組織に発現していますが、マクロファージやリンパ球の一種であるNK(ナチュラルキラー)細胞などの免疫細胞に多く発現することがわかっています。(参考リンク7、8)

ZNF630が結核菌の発症リスクに関与するメカニズムは、まだ解明されていません。

しかし、ZNF630が亜鉛と関連し、マクロファージやNK細胞に多く発現していること、亜鉛欠乏がNK細胞のもつ免疫機能(病原体を殺傷する作用)を低下させるなどの報告があることから、ZNF630付近に存在するrs142513793と結核の発症とが関係しているのではないかと推測することができます。(参考リンク9)

以上のように、「rs142513793」は結核の発症リスクと関係し、注目を浴びているDNA領域の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬