DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

精巣癌

精巣がん

精巣癌

精巣は、左右の陰嚢(いんのう)の内部に1つずつある男性固有の臓器で、男性ホルモンを分泌したり、精子を作ったりする大切な役割があります。

精巣がんは、精巣にできる「悪性腫瘍」であり、10万人当たりおよそ1人が発症するという比較的まれな病気です。

しかし、20~30歳代の男性においては最も多い悪性腫瘍とも言われ、若年者で発症しやすいことが特徴です。(参考リンク1)

精巣癌

発症の原因はまだはっきりと分かっていませんが、停留精巣の患者さんは、一般男性に比べて精巣がんになりやすい傾向にあります。

その他、外傷や家族歴も危険因子になると言われていますが、最近の研究報告によると、遺伝子「TKTL1」が精巣がんの発症リスクにある程度、影響を与えていることが明らかになりました。(参考リンク2)

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

アメリカペンシルベニア大学と精巣腫瘍コンソーシアムにより、遺伝子「TKTL1」の特定の型によって、精巣がんを発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

そのDNA領域のひとつが「rs17336718」と呼ばれています。(参考リンク1)

DNA領域「rs17336718」には、「CC型」「CT型」「TT型」と3つの遺伝子型があります。

■TT型:精巣がんを発症しやすい傾向がある。

■CT型:精巣がんをやや発症しやすい傾向がある。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。

◆CC型:81.8%

◆CT型:17.2%

◆TT型:ほぼ0%

※日本人は、発症しにくい遺伝子型をもつ人が多いと言えます。

精巣がんは、若年者に発症のピークがあることや、初期症状が痛みを伴わない陰嚢(いんのう)の腫れやしこりであることから、発見が遅れたり、気付いても受診を先送りにしたりするケースが多く見受けられます。

しかし、精巣がんは進行のスピードが速く、全身のリンパ節や臓器に急速に転移する場合もあります。

そのため、精巣がんの遺伝的発症リスクをあらかじめ把握しておくことは、精巣がんの早期発見・早期治療につながる一助となるかもしれません。

作用機序、メカニズム

【rs17336718】

病名: 精巣がん

染色体位置: X染色体

遺伝子: TKTL1

臓器: 精巣

Risk Allele : T

精巣がんの発症に関わる可能性のある遺伝子「TKTL1」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、X染色体に位置します。

DNA領域「rs17336718」は、遺伝子「TKTL1」のイントロン部分(遺伝子の転写後に最終的に除去される部分)に存在し、遺伝子「TKTL1」の発現を制御することが分かっています。(参考リンク2)

一般に、細胞がエネルギーを得る方法には、「解糖系」と「(クエン酸回路による)電子伝達系」の2種類があります。

正常な細胞では、酸素を使って効率的に多くのエネルギーが得られる「電子伝達系」を使います。

しかし、がん細胞では、効率は悪いものの、より早くエネルギーを得られて増殖に必要な核酸の材料も生産できる「解糖系」に偏ったエネルギー代謝をしています。

※好気的解糖(ワールブルク効果)と言います。

遺伝子「TKTL1」は、この「解糖系」由来の核酸を合成する経路に深く関わっており、実際に遺伝子「TKTL1」が多くのがん細胞で発現し、病院の予後不良に関連すると報告されています。(参考リンク4)

そして、精巣がんの患者さんでも遺伝子「TKTL1」が関与していることが報告され、腫瘍増殖を促す働きをしていると考えられています。(参考リンク2)

遺伝子「TKTL1」のDNA領域「rs17336718」は精巣がんの発症リスクに関係し、注目を浴びているSNP(スニップ)のひとつなのです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬