DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

眼疾患

empty

眼疾患

「近視」は、目のピント調節がうまくいかないために、近くのものはよく見えて遠くのものが見えにくくなる病気です。

近年、世界的に近視に罹患する方の人口が増加し、大きな社会問題となっています。

日本においても、ここ数十年の間に近視の人の割合は急激に増えており、中でも小学生〜高校生を含めた若年者の近視人口の増加が深刻となっています。

眼疾患

学校保健統計調査の2021年度のデータによると、

裸眼視力が1.0未満の人の割合は、小学生で36.9%、中学生で60.3%、高校生で64.4%を占めており、中学生では60%を超え、過去最多を更新しました。(参考リンク1)

「近視」は、環境的要因と遺伝的要因が合わさって発症する病気と考えられています。

家族調査や双子研究により、近年では関連遺伝子として複数の遺伝子が報告されています。

最近の研究報告によると、遺伝子「NRIP1」付近のある部位が近視の発症リスクに影響を与えている可能性が高いことが明らかになりました。

「近視」は、発症した年齢が低いほど進行しやすく、強い近視になると「緑内障」や「網膜剥離」などの合併症を引き起こす可能性があります。

「近視」は放っておくと、場合によっては失明に至る危険性があるため、早期に対策を講じることが大切です。

ご自身の遺伝子タイプを調べて「近視」の発症リスクを知ることは、発症の予防や早期対策に役立つかもしれません。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

オランダのエラスムス医療センター眼科で行われた研究から、遺伝子「NRIP1」付近の特定タイプによって、「近視」を発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

その部位は「rs2823141」と呼ばれています。(参考リンク2)

DNA領域「rs2823141」には、「AA型」、「GA型」、「GG型」 と 3つの遺伝子型があります。

■AA型:近視を発症しやすい傾向にある。

■GA型:近視をやや発症しやすい傾向にある。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク3)

■GA型:48.8% ※最も多い

■AA型:33.3%

■GG型:17.9%  ※最も少ない

日本人の約8割の人が、「AA型」もしくは「GA型」の遺伝型を持っていますが、必ずしも「近視」を発症するわけではなく、なんらかの環境要因が重なり合うことで発病する可能性が高くなります。

そのため、リスク傾向の低い「GG型」の人も含めて環境要因に留意する必要があります。

たとえば、長時間のスマホやゲーム機器の使用や暗いところで本を読むことは「近視」を進行させてしまう要因といわれています。

予防するためには、目とスマホ(もしくは小型のゲーム機器)の距離を30cm以上離し、適度

な明るさで使用することや、長時間使用する場合は、1時間置きに目を休息させる時間を設けるといったことを心がけることが重要です。

また、慶應義塾大学医学部(眼科学教室)の研究によると、太陽光に含まれるバイオレットライトが子どもの近視の進行を抑制することがわかっています。

屋外で遊んだり、ウォーキングをしたりして太陽光を浴びる環境を作ることも必要かもしれません。(参考リンク4)

このように「近視」の発症リスクに関わらず、なるべく発症させないような生活・環境面でのリスク管理が大切です。

作用機序、メカニズム

【rs2823141】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : A

「近視」の発症に関わる遺伝子「NRIP1」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、21番染色体に位置します。

「NRIP1」は全ての細胞に存在し、脂肪組織や結腸といった組織に多く存在していますが、眼球の内側にある網膜にも存在していることがわかっています。(参考リンク5、6)

「NRIP1」の働きのひとつとして、レチノイン酸受容体と直接相互作用し、ビタミンAの誘導体であるレチノイン酸の転写シグナルを調節します。(参考リンク7)

「NRIP1」と近視の発症が関連するメカニズムは、解明されていません。

しかし、「NRIP1」が網膜にも発現していることやビタミンAの誘導体の転写シグナルに関与していることを考慮すると、DNA領域「rs2823141」の遺伝子型 によって網膜の「NRIP1」がうまく作用せず、ビタミンAが欠乏した状態となります。

ビタミンAの欠乏は視力低下を招くことから、「NRIP1」と視力低下が関係しているのではないかと推測できます。

以上のように、DNA領域「rs2823141」は近視の発症に深く関係し、注目を浴びているDNA領域のひとつです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬