DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

内分泌障害

empty

内分泌障害

自己免疫性甲状腺疾患のひとつに、「バセドウ病」があります。

「バセドウ病」は、甲状腺ホルモンの産生を促す場所に対して、抗体が作られてしまうことにより、過剰に甲状腺ホルモンを分泌してしまう病気です。

【症状】

内分泌障害

・、動悸や手先の震え

・、発汗

・、体重減少

・、筋力低下

・、倦怠感

・、精神的なイライラなどといった症状が現れます。

また、合併症のひとつとして「甲状腺中毒性周期性四肢麻痺(以下、TPP)」は、甲状腺ホルモンのコントロール不良時に激しい運動や暴飲暴食を契機きっかけに起こると考えられ、手足が動かなくなる病気です。

病態病気の具合により、ミネラルの一種であるカリウム値が低くなりすぎると、致死性の不整脈をきたすこともあり、注意が必要とされています。

「バセドウ病」バセドウ病は人口1,000人あたり0.2人から-3.2人と報告されており、若い女性に多く、男女比は1対3〜5

くらいと推定されています。(参考リンク1)

発症メカニズムは明らかになっていませんが、遺伝的要因を持っている人にウィルスや細菌による感染、ストレスなどの環境要因が加わることにより発症すると考えられています。

母親が「バセドウ病」バセドウ病の場合に、娘が「バセドウ病」バセドウ病を発症する確率は通常の約6〜10倍と推定されており、やや遺伝しやすい傾向にあります。(参考リンク2)

近年では、さまざまな研究から関連遺伝子として複数の遺伝子が報告されています。

最近の研究報告によると、遺伝子「ITM2A」という遺伝子付近のある部位が、「バセドウ病」バセドウ病や合併症である「甲状腺中毒性周期性四肢麻痺(TPP)」の発症リスクに影響を与えている可能性が高いことが明らかになりました。

「バセドウ病」バセドウ病は治療法が確立されているものの、発症や予後を予測することが難しいとされている病気です。

そのため長く付き合っていく可能性のある病気で、自分の人生目標に合わせてどう向き合っていくかが、生活の質を高めるのにとても大切です。

ご自身の遺伝子タイプを調べて「バセドウ病」バセドウ病や「TPP」TPPの発症リスクを知ることは、発症の予防や早期対策に役立つかもしれません。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

韓国の聖ヴィンセント病院や中国の上海交通大学医学院で行われた研究から、遺伝子「ITM2A」遺伝子付近の特定タイプによって、「バセドウ病」や「TPP」TPPを発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

その部位の一ひとつが「rs5912838」と呼ばれています。(参考リンク3、4)

DNA領域「rs5912838」には、「、AA型」「、AC型」「、CC型」と3つの遺伝子型があります。

■AA型:「タイプの遺伝子型をもつ人は、バセドウ病」や「TPP」TPPを発症しやすい傾向にあり、る。

■ACタイプの人型:「バセドウ病」や「TPP」をはやや起こしやすい傾向にあることがわかっています。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク5)

■AC型:タイプが最も多い 49.8% ※最も多い

■、CC型タイプ:は28.1%

■、AA型タイプ:は最も少ない22.1% ※最も少ない

を示します。(参考リンク5)

「AA型」と「・AC型タイプ」の人がの人は、必ずしもバセドウ病や「TPP」TPPを発症しやすいわけではなく、生活習慣などの環境要因が重なり合うことで起こる可能性が高くなります。

生活習慣の中でも、喫煙者は非喫煙者に比べると病気を「バセドウ病」を発症しやすくなり、三大徴候のひとつである「眼球突出」の度合いが高くなるといわれています。

また合併症である「TPP」TPPは、甲状腺ホルモンが過剰に出ている時に激しい運動や飲酒、炭水化物の大量摂取した場合に発症しやすくなるとされています。(参考リンク6)

特に「TPP」TPPは、男性の「バセドウ病」患者(特に男性)でに多く見られるため、男性で「AA型」もしくは「AC型」タイプに当てはまる人は、過度の飲酒や炭水化物の摂取は避けることが望ましいと考えられます。

このように、発症リスクを高める食事や喫煙を回避し、避けて、正しい環境を選択することが、発症リスクを少しでも減らすのに大切なことと言えます。

早い時期に「バセドウ病」や「TPP」TPPの発症リスクを把握しておくことで、生活・環境面でのリスク管理が可能となります。

作用機序、メカニズム

【rs5912838】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : A

「バセドウ病」や「TPP」TPPの発症に関わる遺伝子「ITM2A」遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、X染色体に位置します。

遺伝子「ITM2A」ITM2A遺伝子は甲状腺や卵巣だけでなく、白血球の一種である単球やリンパ球にも発現していることがわかっており、免疫に関わるリンパ球の分化や活性化に重要な遺伝情報をもちます。

遺伝子「ITM2A」ITM2A遺伝子が「バセドウ病」や「TPP」TPPに関与する直接的なメカニズムは解明されていませんが、単球における遺伝子「ITM2A」ITM2Aの発現は、DNA領域「rs5912838」によって制御されていることがわかっています。(参考リンク7)

すなわち、遺伝子「ITM2A」ITM2A遺伝子付近に存在するDNA領域「rs5912838」の遺伝子型で、特に「AA型」を持つ人は、単球に発現する遺伝子「ITM2A」が制御できなくなるため、

ウィルスや細菌感染後に甲状腺組織の免疫異常をきたし、自己免疫疾患である「バセドウ病」を発症しやすくなるのではないかと考えられます。

また上記要因に加えて、過度の炭水化物摂取や運動などのストレス負荷により細胞内にカリウムが移動することにより、合併症である「TPP」TPPを発症しやすくなっていると考えられます。

以上のように、DNA領域「rs5912838」は、「バセドウ病」や「TPP」TPPの発症に深く関係し、注目を浴びているDNA領域の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬