DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

心臓疾患

empty

心臓疾患

血栓とは、脱水や圧迫などにより血液の流れが悪くなってできる血の塊のことです。

血栓が足の深くにある静脈にできる病気を「深部静脈血栓症」、血栓が血流に乗り肺の動脈で詰まる病気を「肺塞栓症」といい、総称して「静脈血栓塞栓症」といいます。

一般的にはエコノミークラス症候群とも呼ばれ、飛行機や車中泊、入院中などの長時間同じ姿勢でいた際に起こるとされており、「肺塞栓症」を起こすと呼吸困難になり、失神することもある危険な病気です。

心臓疾患

「静脈血栓塞栓症」の発症率は1,000人あたり1.84人と少なくありません。

加齢に伴い発症しやすくなる傾向があることがわかっています。(参考リンク1)

「静脈血栓塞栓症」は、さまざまな環境要因と遺伝的要因が組み合わさって発症すると考えられており、関連遺伝子として複数の遺伝子が報告されています。

最近の研究報告によると、遺伝子「BRCC3」付近のある部位が「静脈血栓塞栓症」の発症リスクに影響を与えている可能性が高いことが明らかになりました。

「静脈血栓塞栓症」のうち「肺塞栓症」が発症すると、血栓の大きさによっては短期間で亡くなる場合もあるため、日頃からの予防や早期発見が非常に大切です。

ご自身の遺伝子タイプを調べて、「静脈血栓塞栓症」の発症リスクを知ることは、発症の予防や早期対策に役立つかもしれません。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

アメリカのVAボストン・ヘルスケア・システムで行われた研究から、遺伝子「BRCC3」付近の特定タイプによって、「静脈血栓塞栓症」を発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

その部位のひとつが「rs7051718」と呼ばれています。(参考リンク2)

DNA領域「rs7051718」には、「TT型」、「CT型」、「CC型」と3つの遺伝子型があります。

■TT型:静脈血栓塞栓症を発症しやすい傾向にある。

■TC型:静脈血栓塞栓症をやや発症しやすい傾向にある。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。

■TT型:64.5% ※最も多い

■CT型:31.6%

■CC型: 3.9% ※最も少ない

「TT型」と「CT型」の人が、必ずしも「静脈血栓塞栓症」を発症するわけではありません。

しかし、驚くことに日本人は、DNA領域「rs7051718」の中で遺伝的多型を持つ割合は約65%を占め、「静脈血栓塞栓症」を発症しやすい傾向がある人種といえます。

それに加えて、食生活などの環境要因が重なり合うことで発病する可能性がより高くなるため、注意が必要です。

例えば、脂肪分の多い肉や揚げ物、糖質の多いデザートや清涼飲料水の過剰摂取は、血液がドロドロになり血栓ができやすくなります。

このような食事をなるべく避け、普段から血栓をできにくくし、血液をサラサラにする働きがあるEPAやDHAを含んだ青魚やナットウキナーゼという酵素が含まれる納豆などを摂取するといった食生活における工夫が大切です。

また、飛行機や車に長時間乗る際には、じっとせずに定期的に体を動かす時間を作ること、水分をこまめにとるなどの心がけも必要です。

このように、発症リスクを高める食事や習慣を回避し、正しい環境を選択することが、発症リスクを少しでも減らすのに大切なことと言えます。

早い時期に「静脈血栓塞栓症」の発症リスクを把握しておくことで、生活・環境面でのリスク管理が可能となります。

作用機序、メカニズム

【rs7051718】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : T

「静脈血栓塞栓症」の発症に関わる遺伝子「BRCC3」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、X染色体に位置します。

遺伝子「BRCC3」は、障害やストレスなどの危険信号に反応して、炎症を引き起こすインフラマソーム(タンパク質複合体)の活性化を調節するための遺伝情報をもちます。(参考リンク4)

遺伝子「BRCC3」が、「静脈血栓塞栓症」に関与する直接的なメカニズムは解明されていません。

しかし、長時間における下肢の圧迫ストレスや、脱水などの条件が加わることにより、血栓ができやすくなり、炎症を引き起こすインフラマソームが活性化しやすくなることが考えられます。

すなわち、遺伝子「BRCC3」付近に存在するDNA領域「rs7051718」の遺伝子型で特に「TT型」を持つ人は、下肢のストレス負荷に対して、インフラマソームの活性化が制御しづらく、さらに血管内での炎症傾向が強くなり、「深部静脈血栓症」や連続的に起こる肺塞栓症が悪化すると推測することができます。

以上のように、「rs7051718」は「静脈血栓塞栓症」の発症に深く関係し、注目を浴びているDNA領域のひとつです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬