DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

勃起不全

勃起障害/不全(Erectile dysfunction)

勃起不全

勃起障害/不全(ED:Erectile dysfunction )とは、

「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」とされています。

勃起障害/不全(ED)は、年齢とともに有病率が上昇し、

勃起不全

◆40歳未満:1-10%

◆40歳代:2-15%

◆50歳代:ばらつきが非常に多い年代

◆60歳代:20-40%

◆70歳代:50-100% と推定されます 。

(参考リンク 1)

【勃起障害/不全(ED)】は、特定の遺伝子多型に於いて発症率が高いことが分かっていますが、主に下記のような後天的な要因により発症します。

【勃起障害/不全(ED)の原因】

◆器質性 (動脈硬化・神経の障害)

◆心因性 (精神的なストレス)

◆混合性 (動脈硬化・神経障害・ストレス)

◆薬剤性 (薬剤の服用)

【勃起障害/不全(ED)によるリスク】

◆加齢

◆糖尿病

◆肥満・運動不足

◆循環器疾患

◆喫煙

◆テストステロン低下

◆慢性腎臓病と下部尿路症状

◆神経疾患

◆心理的・精神疾患的要素

◆睡眠時無呼吸症候群

などが挙げられ、治療は薬物療法が行われます。 (参考リンク 1)。

また、「勃起障害/不全(ED)」発症について、遺伝子レベルの解析が行われた結果、

放射線で前立腺がんの放射線治療をしたあと後に、「勃起障害/不全(ED)のなりやすいさ」について、遺伝子の子多型に関連があが存在すると報告がされています(参考リンク2)。

弊社の遺伝子検査で、「勃起障害/不全(ED)」のリスクについて確認してみませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

放射線による前立腺がんの治療を受けたアフリカ系アメリカ人(138人)を対象に研究をおこないました。

前立腺がんを治療後、約3年間観察を行い、アンケート形式のテストを用いて、「勃起障害/不全(ED)」について「重症、中等症、ほぼ問題なしの3段階」に分類して評価した。

前立腺がんの治療前に「性機能が問題ないと答えた人」のみを対象にして、治療から1年以上経過後に性機能が落ちた人を「患者群」、性機能が落ちていない人を「健常群」とした。

その結果、「患者群:29人」「健常群:53人」が研究対象となり、

そのうち「患者群:27人」「健常群:52人」からDNAを採取し、解析を行い、

合計512497個の遺伝子の多型が解析対象となりました。

その解析対象となった遺伝子の多型より「勃起障害/不全(ED)」と関係のあるDNA領域のひとつとして「rs7064929」が挙げられます。

DNA領域「rs7064929」には、「GG型、AG型、AA型 」と 3つの遺伝子型があり、日本人の遺伝子タイプは、ほとんどが「GG型」です。

「GA型」や「AA型」は非常に稀です(参考リンク 3, 4)。

作用機序、メカニズム

【rs7064929】

病名: 勃起障害/不全(Erectile dysfunction)

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : A

SNV、又はSNPとも呼ばれるDNA領域「rs7064929」rs7064929「rs7064929」という特定DNA領域と放射線治療後の「勃起障害/不全(ED)」の関わりについて、そのメカニズムを記載した報告はなく、正確なメカニズムはわかっていません。

ただし、DNA領域「rs7064929」はX番染色体に位置し、近くにある遺伝子「KIAA1166」の発現に大きく関わっている可能性があります。

遺伝子「KIAA1166」という遺伝子は、遺伝子調節に重要な役割を果たすDNAに結合するタンパク質のひとつで、全身の臓器で発現しており、関節拘縮(かんせつこうしゅく)や認知機能など様々な分野で関わりが報告されています(参考リンク 5)。

この遺伝子「KIAA1166」は、「TRPV4(細胞に水を引き込む力を制御する遺伝子)」の発現にも関わっていることが報告されています(参考リンク 6)。

遺伝子「TRPV4」は下部尿路障害と関わっているという報告もあり、遺伝子「TRPV4」の変異は遺伝性運動感覚性ニューロパチーの原因にもなるため、「勃起障害/不全(ED)」に関与している可能性もあります(参考リンク7, 8)。

以上より、X番染色体に存在する「rs7064929」は、放射線治療後の「勃起障害/不全(ED)」のリスクに関係する遺伝子領域多型のひとつとして、注目されています。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬