DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

肺癌

肺がん

肺癌

肺は、袋状をしていて、「気管支」と「肺胞」から構成されます。

■気管支

:肺の中で空気の通り道の役割を果たす。

肺癌

■肺胞

:枝分かれした気管支の先に、ぶどうの房のように無数に存在して、酸素と二酸化酸素の交換場所となっている。

肺がんは、気管支や肺胞をおおっている細胞(上皮細胞)の遺伝子に傷がつくことで発生します。

特にタバコの煙には、遺伝子を傷つける約70種類もの発がん物質が含まれており、肺がん発症の主たる原因です。

喫煙以外の肺がん発症リスク因子としては、汚染大気のほかに、家族歴も関与すると考えられています。

最近の研究で、遺伝子「TNFRSF19」の多型が肺がんの発症リスクにある程度、影響を与えていることが報告されました。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

中国の南京医科大学などが行った研究により、遺伝子「TNFRSF19」近くの特定の型によって、肺がんが多くみられる傾向にあることが明らかになりました。

その部位はDNA領域「rs753955」と呼ばれています。(参考リンク1)

DNA領域「rs753955」には、「AA型」「AG型」「GG型」と3つの遺伝子型があります。

■GG型:肺がんの発症が多くみられる傾向がある。

■AG型:肺がんの発症はやや多くみられる傾向がある。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク2)

■AG型:48.8%

■AA型:33.3%

■GG型:17.9% 

日本人の死因の第1位はがんであり、その中で最も多いのが「肺がん」です。

国立がん研究センターの統計によると、2020年には、75,585人が「肺がん」で亡くなっており、男性の第1位・女性の第2位の死因となっています。(参考リンク3)

「肺がん」は、進行するまで症状が出ないことが多く、出ても風邪や喫煙に伴う症状(咳や痰)などと区別がつきにくいものであるため、発見が遅れる傾向にあります。

「肺がん」に対する遺伝的傾向をあらかじめ把握しておくことで、

・早い段階から肺がんの定期検診を受ける

・禁煙する

などの対策がたてられます。

作用機序、メカニズム

【rs753955】

病名: 肺がん

染色体位置: 13番染色体

遺伝子: TNFRSF19

臓器: 肺

Risk Allele : G

「肺がん」の発症に関わる可能性のある遺伝子「TNFRSF19」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、13番染色体に位置します。

遺伝子「TNFRSF19」は、「c-Jun N 末端キナーゼ(JNK)シグナル伝達経路」を介して細胞のアポトーシス(細胞死)を誘導する役割があります。

DNAが損傷して修復が不可能な細胞は、積極的にアポトーシス(細胞死)をしないとがん化してしまいます。

実際に、遺伝子「TNFRSF19」の発現が低下している患者さんほど、予後が悪くなることが分かっています。(参考リンク4)

また、DNA領域「rs753955」は近くの遺伝子の発現を調整する(エンハンサー)と共に、遺伝子「TNFRSF19」の発現を低下させ、気管支上皮細胞の DNA 修復効率およびアポトーシス(細胞死)応答を低下させることも報告されています。(参考リンク5)

以上により、「rs753955」は肺がんの発症リスクに関与するとして注目されている遺伝子型のひとつです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬