DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

若年高血圧

若年性高血圧

若年高血圧

日本における高血圧患者は、約4,300万人いると推定されており、日本人の約3人に1人が高血圧に該当します。

高血圧自体は症状に乏しく、何か症状が出た場合は心筋梗塞や脳卒中など致命的である場合が多く、サイレントキラーとも呼ばれ、早期に予防することが大切です。

特に若年性高血圧は大人になってから高血圧を患うリスクが高く、普通の若年者よりそのリスクはかなり高いと言われています。

若年高血圧

実はそんな若年者の高血圧にヒトのDNAがある程度影響することが分かっています。

イギリスのケンブリッジ大学で行われた研究

で、PPARGC1Aという遺伝子の特定タイプが若年者の血圧に大きな影響を与えていることが報告されています。

ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的による血圧の傾向を確認してみませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

イギリスのケンブリッジ大学で行われた先行研究から、PPARGC1A遺伝子の特定タイプによって、50歳未満の若年者における高血圧が関連している事が分かりました。

高血圧に関わるPPARGC1A遺伝子の特定領域の名前は「rs8192678」と呼ばれています。

「rs8192678」には、AA、AG、GGと3つの遺伝子型があり、50歳未満の若年者においてAAタイプの遺伝子型を持つ人は血圧が高く、AGタイプの人はやや血圧が高い傾向があります。(参考リンク1)

日本人の遺伝子タイプは、AGタイプが最も多い51.3%、AAタイプが27.4%、GGタイプが最も少ない21.2%を示します。(参考リンク2)

AA又はAGタイプで血圧が高い傾向にある人が、日本人において約80%を占めることになり、血圧が高くなりやすいといった悪いイメージをもってしまいがちですが、一概にそうとは言えません。

なぜなら、この遺伝タイプのみで全てが決まるわけではなく、食生活を含めた生活習慣の影響を受けるが最も大きく影響するためです。

若年者の高血圧は二次性高血圧と呼ばれる

特殊な高血圧を除いて、肥満や飲酒、運動不足といった生活習慣が原因であることが多いと言われています。

すなわち、自分の血圧に対する遺伝的なの傾向を科学的に知ることで、早い段階から血圧測定を始める、喫煙、肥満、食生活に注意するなど、高血圧を予防するための対策ができます。

また、他の動脈硬化を起こしうる糖尿病、脂質異常などについても同様に注意と生活習慣の改善など、早期の対策ができる可能性があるのではないでしょうか?

作用機序、メカニズム

【rs8192678】

病名: 若年性高血圧

染色体位置: 4番

遺伝子: PPARGC1A

臓器: 骨格筋

Risk Allele : T

若年者の高血圧に関わるPPARGC1A遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体の内、4番染色体に位置します。

PPARGC1A遺伝子は、骨格筋のミトコンドリアの生成や機能を調節するPGC-1αというタンパク質の産生に関係します。

PGC-1αの発現量が多いほど、エネルギー代謝や糖の取込みなどを効率よく体内で行うことができます。

すなわち、糖エネルギーを効率よく使うことができるという面で持久力との関連が示唆されています。

実際に、イスラエルの生命科学部遺伝学研究所やタイの医学系研究者らは、PPARGC1A遺伝子と持久力パフォーマンス能力の向上が関連することを報告していますが、持久力パフォーマンスに関してはアジア人における有意なデータが少ないため、今後の研究に期待されます。(参考リンク3、4)

そして逆に、糖エネルギーを効率よく使いにくい体質という面では糖尿病や肥満との関連も示唆されています。(参考リンク5)

若年者の高血圧は、肥満をはじめとする生活習慣が代表的です。

糖エネルギーを効率よく使いにくく内臓脂肪を蓄えやすいという体質面で、より多くの血液を送り出す必要があり、PPARGC1A遺伝子と若年者高血圧が関連していると考えられます。

日本人の遺伝子タイプは、AGタイプが最も多い51.3%、AAタイプが27.4%、GGタイプが最も少ない21.2%を示します。(参考リンク2)

以上のように「rs8192678」は、若年者の高血圧といった疾患リスクに関係し、注目されているSNPの一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬