DNAスコアの検査項⽬

肝臓癌

肝疾患(HCV関連の肝細胞癌)

肝臓癌

日本では、「肝臓がん」の65%が「C型肝炎ウイルス」が原因と考えられ、世界と比べると多いのが特徴です。

国立がん研究センターの調査によると、近年では減少傾向にあるものの、「肝臓がん」で亡くなっている人は年間で約3万人に上ります。(参考リンク1)

肝臓は“沈黙の臓器”とも呼ばれています。 「C型肝炎ウイルス」を感染しても、ほとんどの人が症状や自覚がないまま、長い年月をかけて「肝硬変」「肝臓がん」へと進行していることがあるため、注意が必要です。

発症メカニズムは、「C型肝炎ウイルス」が感染することにより肝臓に炎症が起こり、損傷した肝臓の細胞を治癒しようとする過程で、 線維化という薄い傷跡のようなものが生じます。

損傷と再生を繰り返すうちに、線維化※1が進行し、「肝硬変」「肝臓がん」へと進展します。

「肝臓がん」は、この線維化を生じる過程で遺伝子の影響を受けて発症すると考えられています。

最近の研究報告によると、遺伝子「DEPDC5」付近のある部位が、「C型肝炎ウイルス」による肝臓がんの発症リスクに影響を与えている可能性が高いこと が明らかになりました。

近年、「C型肝炎」の治療として抗ウイルス薬が開発され、約90%の人が完治し、「肝硬変」や「肝臓がん」による死亡リスクを減らすことができるとされています。(参考リンク2)

「C型肝炎」を早期に発見し、早期に治療して、将来の発がんリスクをいかに軽減していくかが人生の質を高めるのにとても重要です。

ご自身の遺伝子タイプを調べて、「C型肝炎ウイルス」関連の「肝臓がん」発症のリスクを知ることは、発症の予防や早期対策に役立つかもしれません。


※1:肝臓が損傷した細胞を修復して、新しい組織で置き換えようとする過程で生じる傷跡のこと。

肝臓癌
card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

日本のゲノム医科学研究センターで行われた研究から、遺伝子「DEPDC5」付近の特定の型によって、「C型肝炎ウイルス」感染者の中で肝臓がんを発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

グラフ

その部位は、DNA領域「rs1012068」と呼ばれています。(参考リンク3) 


DNA領域「rs1012068」には、「GG型」「GT型」「TT型」と3つの遺伝子型があります。


■GG型:「C型肝炎ウイルス」感染により「肝臓がん」を発症しやすい。
■GT型:「C型肝炎ウイルス」感染により「肝臓がん」をやや発症しやすい


東アジア人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク4)


◆TT型:59.3% ※最も多い
◆GT型:35.4%
◆GG型:5.3% ※最も少ない


「GG型」「GT型」の人は、必ずしも「C型肝炎ウイルス」による「肝臓がん」を発症しやすいわけではなく、生活習慣などの環境要因が重なり合うことで、発症する可能性が高くなります。


「C型肝炎ウイルス」に関連する「肝臓がん」の予測因子は、
・アルコール摂取
・糖尿病
・肥満 などが報告されています。(参考リンク5)



肝臓に負担をかけてしまう食生活には、
・アルコールや糖質の過剰摂取
・脂肪分の多い肉や揚げ物 などがあります。


このような食事は、脂肪肝になりやすく、ウイルスに関係なく「肝炎」や「肝硬変」を引き起こしやすい病態として注目されているため、肝炎ウイルス感染者は避けることが望ましいと考えられます。

このように、発症リスクを高める食事を回避し、正しい食事を選択することが、発がんリスクを少しでも減らすのに大切なことと言えます。

早い時期に「C型肝炎ウイルス」感染における「肝臓がん」の発症リスクを把握しておくことで、生活・環境面でのリスク管理が可能となります。


グラフ

3. 作用機序、メカニズム

【rs1012068】

病名:肝疾患

染色体位置:22

遺伝子:DEPDC5

臓器:精巣、卵巣、リンパ節、脾臓、肝臓

Risk Allele :G

「C型肝炎ウイルス」による「肝臓がん」発症に関わる遺伝子「DEPDC5」は、ヒトに共通する24の染色体のうち、22番染色体に位置します。

遺伝子「DEPDC5」は、体内に吸収された栄養素を感知し、タンパク質の合成や細胞増殖を調節するタンパク質「mTORC1複合体」に関する遺伝情報をもちます。

遺伝子「DEPDC5」が、「肝臓がん」に関与する直接的なメカニズムは解明されていませんが、遺伝子「DEPDC5」の変異は、肝臓のタンパク質「mTORC1複合体」を活性化するため、エタノールを摂取した場合、脂肪酸の酸化が促進して肝臓に脂肪が蓄積しやすくなることがわかっています。(参考リンク6)

すなわち、「rs1012068」の遺伝子型 によって、遺伝子「DEPDC5」の変異に不具合があると、飲酒によって肝臓に脂肪が蓄積し、通常の人よりも炎症を起こしやすくなります。


飲酒による「脂肪肝」や「肝炎」と「C型肝炎ウイルス」による炎症が重なり、さらに肝臓の線維化が早まることにより、「肝硬変」やがては「肝臓がん」を発症しやすくなるのではないかと推測することができます。

以上のように、DNA領域「rs1012068」は、「C型肝炎ウイルス」による「肝臓がん」の発症に深く関係し、注目を浴びているSNPのひとつです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬