DNAスコアの検査項⽬

食道癌

食道腺がん(悪性腫瘍)

食道癌

食道がんは、食道の粘膜に発生する悪性腫瘍のことで、2019年の統計によると約2万6千人が新たに診断されています。

食道がんには、皮膚と同じ組織型から発生する「食道扁平上皮がん」、胃と同じ組織型から発生する「食道腺がん(バレット食道がん)」に大別されます。 国立がん研究センターの調べによると、日本における組織型の割合は、食道扁平上皮がんが90%以上と大半を占め、食道腺がんが10%以下を占めるとされており、食道腺がんが約60%を占めている欧米とは大きく異なります。(参考リンク1)

しかし、近年では食生活の欧米化と高齢化に伴い、日本でも食道腺がんの頻度が少しずつ増加しており、大きな話題となっています。

食道がんの発症メカニズムは、胃酸逆流によって食道の粘膜が、組織型の異なる胃の粘膜へと置き換わるバレット食道という状態や食道粘膜の慢性的な炎症が関係していると考えられています。 また、他にも遺伝的要因とさまざまな環境要因が組み合わさって発症すると考えられており、近年では関連遺伝子として複数の遺伝子が報告されています。

最近の研究報告によると、CDR1-SPANXB2遺伝子付近のある部位と総喫煙量が食道腺がんの発症リスクに影響を与えている可能性が高いことが明らかになりました。

食道腺がんは治療後の5年生存率が15~20%と予後が良くないため、早期発見が重要であるにもかかわらず、初期症状に乏しく早期発見が難しいとされいる病気です。(参考リンク2)

ご自身の遺伝子タイプを調べて食道腺がんの発症リスクを知ることは、早期発見や発症の予防に役立つかもしれません。

食道癌
card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

米国ベイラー医科大学の疫学研究室で行われた研究から、CDR1-SPANXB2遺伝子付近の特定タイプと総喫煙量によって、食道腺がんを発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

グラフ

その部位は「rs17002540」と呼ばれています。(参考リンク3)

「rs17002540」には、CC、CT、TTと3つの遺伝子型があります。


CCタイプの遺伝子型をもつ人は、総喫煙量が15パックイヤー以上(1日1箱を15年間や1日3箱を5年間吸った量に相当)で食道腺がんを発症しやすい傾向にあることがわかっています。 日本人の遺伝子タイプは、CCタイプが最も多い 77.0%、CTタイプは21.5%、CCタイプは最も少ない1.5%を示します。(参考リンク4)


CCタイプの人で総喫煙量が15パックイヤー以上の人は、必ずしも食道腺がんを発症しやすいわけではなく、生活習慣などの環境要因がさらに重なり合うことで発症する可能性が高くなります。


食道腺がんは喫煙以外にも、胃酸逆流による食道炎や肥満が関与していることがわかっています。(参考リンク3)

食道粘膜は胃酸に弱く、食道粘膜を守るためにも胃酸の逆流を起こしやすくする食事や習慣には注意が必要です。
例えば、揚げ物や脂身の多い肉、ケーキなどの甘いもの、辛すぎる食べ物、アルコール、コーヒーなどの過剰接種は胃酸の分泌が促され、逆流しやすくなります。
このような食事を避け、普段から胃の粘膜を保護する作用のあるオクラやれんこん、里芋などを摂取するといった食生活における工夫が大切です。
また、前かがみになるなどの胃酸が逆流しないような姿勢を心がけることも必要です。
このように、発症リスクを高める食事や習慣を回避し、正しい環境を選択することが、発症リスクを少しでも減らすのに大切なことと言えます。 早い時期に食道腺がんの発症リスクを遺伝子検査で把握しておくことで、生活・環境面でのリスク管理が可能となります。

グラフ

3. 作用機序、メカニズム

【rs17002540】

病名:食道腺がん(悪性腫瘍)

染色体位置:X

遺伝子:CDR1-SPANXB2

臓器:大脳、小脳 、心臓等

Risk Allele :C

総喫煙量と食道腺がんの発症に関わるCDR1遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、X染色体に位置します。

CDR1遺伝子は、小脳変性症関連抗原1とも呼ばれ、大脳や小脳などの神経系、さまざまな種類のがん組織で発現していることがわかっています。(参考リンク5)

大脳や小脳などの神経系に発現しているCDR1遺伝子が、なぜがん細胞に発現しているのかは解明されていません。 しかし、CDR1の過剰発現が腫瘍抑制因子mir-7と関係していることから、「rs17002540」の遺伝子型 によってCDR1が過剰発現し、長期喫煙などの環境要因が加わることで、腺細胞化した食道粘膜が腫瘍化しているのではないかと推測できます。(参考リンク6)

以上のように、「rs17002540」は総喫煙量と食道腺がんの発症に深く関係し、注目を浴びているDNA領域の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬