DNAスコアの検査項⽬

アレルギー疾患

アレルギー疾患(喘息、花粉症、発疹など)

アレルギー疾患

私たちの体には、細菌やウイルスなどの病原体と闘うための免疫機能が備わっています。多くの場合、免疫細胞は体外から侵入した病原体など、体に害を及ぼすものに対して攻撃しますが、花粉や食べ物など、体に害がないものに対しても反応してしまうことがあります。これをアレルギー反応と言い、花粉症や気管支喘息、食物アレルギーなどが含まれます。

花粉症や食物アレルギーでは、花粉や食物中の物質に免疫が反応し、くしゃみや目のかゆみ、皮膚のかゆみ、鼻水、発疹などの症状が表れます。

気管支喘息では、空気中の粉塵や化学物質を気管に吸い込むことで、それらに対する免疫反応が気管支で起こり、気管支が収縮することで、息苦しさを伴います。

最近の研究では、KLF5というタンパク質が喘息や炎症(免疫反応)に関わっていることが分かっており1)、このKLF5に関わる遺伝子のタイプが、喘息や花粉症などのアレルギー疾患のなりやすさと関連している可能性が示されてきています。

アレルギー疾患
card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

喘息や花粉症をはじめとするアレルギー疾患には、さまざまな遺伝子タイプが関わっていることが分かっており、「rs9583092」もその1つです。

グラフ

「rs9583092」 はKLF5遺伝子の近くにある部位で、主にAA、AG、GGの3タイプがあり、AAタイプが変異してAGタイプ、GGタイプが生まれたと考えられています。


遺伝子タイプと疾患の関連を統計的に解析した研究によると、AAタイプ、AGタイプの人の方が、GGタイプの人よりもアレルギー疾患にかかりやすい傾向にあることが示されています(参考2)。


日本人においては、AAタイプが約16.08%、AGタイプが約48.04%、GGタイプが約35.88%存在すると推定されます。世界的に見ると、AAタイプが約46.24%、AGタイプが約43.52%、GGタイプが約10.24%存在すると推定され、日本の傾向とは大きく異なっています(参考リンク3)。


グラフ

3. 作用機序、メカニズム

【rs9573092】

病名:アレルギー疾患(喘息、花粉症、発疹など)

染色体位置:13

遺伝子:PIBF1、KLF5

臓器:免疫細胞

KLF5は遺伝子に結合することで、遺伝子の発現を調節するタンパク質(転写因子)です。KLF5はさまざまな遺伝子の発現に関与していることが分かっており、その1つにSlugがあります。Slugも転写因子の1つで、炎症(免疫)反応や喘息の悪化に関わるCXCL12というタンパク質の発現を促します。

免疫のスイッチを入れるための異物としてOVA(卵白を構成するタンパク質)をラットの気管に入れ、人為的に気管支喘息を引き起こした実験では、OVAによって増加したHDAC4という酵素がKLF5を活性化し、それによって発現したSlugがCXCL12を増やしたことで、気管の炎症が強まって気管支喘息を引き起こしたと結論付けています(参考1)。

分かっているのはあくまでも統計的な傾向であり、「rs9583092」がアレルギー疾患に関与する具体的なメカニズムははっきりしていませんが、 「rs9583092」がKLF5の働きに影響を及ぼし、それがアレルギー疾患のなりやすさに関わっている可能性はありそうです。 


【参考資料】

参考1: Wendi Wei, Weida Chen, Naifeng He, HDAC4 induces the development of asthma by increasing Slug-upregulated CXCL12 expression through KLF5 deacetylation, Journal of Translational Medicine, 19(258), p1-15, 2021
参考2: Hernandez-Pacheco, Maria Pino-Yanes, Carlos Flores, Genomic Predictors of Asthma Phenotypes and Treatment Response Natalia, Frontiers in Pediatrics, 2019

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬