DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

乗り物酔い

empty

乗り物酔い

約3人に1人が乗り物酔いしやすいと言われています。

最近の研究で、乗り物酔いのしやすさは、遺伝子タイプの影響を受けていることが明らかになりました。

【電車】【、車】【、バス】は、。ほぼ毎日利用している方もいるかと思います多くの方たちが日常的に利用すると思いますが、。

乗り物酔い

乗り物酔いをしやすい方にとっては、苦しい時間なのではないでしょうか。

乗り物酔いは、脳が矛盾した情報を受け取った時に起こると言われています。

乗り物に乗っているとき、平衡感覚(へいこうかんかく)をつかさどる内耳は、

「動いている」という信号を、視覚をつかさどる目は「止まっている」という信号を脳に送ります。

このズレによって乗り物酔いが起こるのです。(参考リンク1)

最近行われた研究では、遺伝子「TSHZ1」という遺伝子付近のある部位が、乗り物酔いのしやすさに影響を与えていることが明らかになりました。

乗り物酔いの原因は、目・耳・脳などさまざまですが、人によって異なります。

遺伝子検査で乗り物酔いの原因を予測することが出来れば、今よりも移動が快適になるかもしれません。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

乗り物酔いの主な原因は、環境や生活習慣によるものが大きいですが、遺伝子タイプによる影響もあると明らかになりました。

オックスフォード大学で行われた研究から、

遺伝子「TSHZ1」遺伝子付近の特定タイプによって、乗り物酔いしやすい人がいる多いということが明らかになりました。(参考リンク2)

その部位は、DNA領域「rs10514168」と呼ばれています。

DNA領域「rs10514168」には、「CC型」、「CA型」、「AA型」 と3 つの遺伝子型があります。

AAタイプの遺伝子型をもつ人は、平衡感覚をつかさどる内耳が発達しやすいため乗り物酔いをしやすく■、AC型:平衡感覚をつかさどる内耳が発達しやすいため、 タイプの人も同じ理由でやや乗り物酔いしやすい傾向にあることがわかっています。

■AA型:平衡感覚をつかさどる内耳が発達しやすいため、乗り物酔いをしやすい傾向にある。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク3)

■CC型:タイプが99.0%   ※最も多い

■とほぼ全てを占め、CA型:タイプは1.0%

■、AA 型タイプ:は最も少ない0.00003% ※最も少ないを示します。(参考リンク3)

世界全体の遺伝子タイプは、以下のとおりです。

■全世界的に見るとCC型:タイプが73.4% ※最も多い

■、CA型:タイプは24.5%

■、AA型:タイプは2.1%  ※最も少ない

※日本人の遺伝子タイプと比較すると、となり、大きく変わることはないものの、「のCA型」、「AA型」タイプの遺伝子を持つ人が多くなります。

乗り物酔いに関係する部位は、「rs10514168」以外にもいくつか見つかっていますが、それらの遺伝子を多く持つ人は頻繁に乗り物酔いをする確率が高くなると考えられています。

乗り物酔いの主な原因は、環境や生活習慣によるものが大きいですが、遺伝子タイプによる影響もあると明らかになりました。

これだけ見ると日本人は乗り物酔いしにくい人種だと思われるかもしれません。しかし「rs10514168」は、平衡感覚のずれによる乗り物酔いを引き起こしやすくする部位の一つにすぎません。

乗り物酔いに関する部位は、内耳以外にも脳や目で複数見つかっています。それらの遺伝子をどれだけもっているかで、乗り物酔いのしやすさが変わると考えられています。そのため、日本人でも頻繁に乗り物酔いしてしまう人がいるのです。

最近の研究では、 rs10514168のような乗り物酔い安くなる遺伝的特徴をそれらを多く持っている人はあまり持っていない人に比べて、頻繁に乗り物酔いをする確率が6.37倍も高いことがわかっています。

作用機序、メカニズム

【rs10514168】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: 耳、脳

Risk Allele : A

乗り物酔いに関わる遺伝子「TSHZ1」遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、18番染色体に位置します。

遺伝子「TSHZ1」遺伝子は、耳の器官である中耳と内耳に多く存在し、耳の正常な形成を制御する役割を持っています。

その制御の一つに、内耳にある“三半規管”を形成するための遺伝情報を読み取り、伝える役割があります。

“三半規管”は平衡感覚をつかさどる部位であり、乗り物酔いに深く関係していると考えられています。(参考リンク4)

以上のように、DNA領域「rs10514168」は乗り物酔いのしやすさに深く関係し、注目を浴びている SNPV の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬