DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

個性

empty

個性

「鍵はかけたかな?、忘れ物はないかな?、何度も確認したはずなのに不安になる…。」

もしこのようなこんな経験が頻繁にある方は、単なる心配性ではなく「不安神経症」かもしれません。

「不安神経症」は神経症の一つで、不安や恐怖の感情が日常生活に悪影響を及ぼす病気です。

個性

最近行われた研究で、遺伝子「CELF4」という遺伝子付近のある部位が、神経症の発症リスクに影響を与えていると報告されました。(参考リンク1)

神経症は、心身の健康や経済面に影響を与える病気ですが、うつ病と似たメカニズムによって発症することがわかっています。

うつ病は早期治療が重要な病気のため、です。神経症の遺伝子タイプを知ることは、うつ病の予防・早期治療に役立つかもしれません。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

イギリスのバイオバンク事業で行われた研究から、

遺伝子「CELF4」遺伝子付近の特定タイプによって、神経症を発症しやすい人がいるということが明らかになりました。

その部位は「rs12961969」と呼ばれています。

DNA領域「rs12961969」には、「AA型」、「AC型」、「CC型」 と 3つの遺伝子型があります。

■CC型 タイプ:の遺伝子型をもつ人は、不安や恐怖の感情に関わる脳領域の神経細胞の発現が多くなるため、神経症を発症しやすい傾向にあります。る。

■AC 型:神経症をタイプの人も同じ理由でやや発症しやすい傾向にあることがわかっています。 ※不安や恐怖の感情に関わる脳領域の神経細胞の発現が多くなるため。

日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク2)

■CC型:タイプが99.0% ※ほぼとほぼ全てを占める

■、ACCA型:タイプは1.0%

■、AA 型:タイプは最も少ない0.00003% ※最も少ないを示します。(参考リンク2)

全世界的にみた遺伝子タイプは、以下のとおりです。

■全世界的に見るとCC型:タイプが67.6%

■、ACCA型:タイプは29.3%

■、AA型:タイプは3.1%

となり、大きく変わることはないものの、

日本人と比較して「CA型」、「AA型」タイプの遺伝子を持つ人が多くなります。

日本は心配性の人が多いと言われますが、遺伝的な要因もあることがこのデータからわかります。

しかし、神経症に関わる部位は、DNA領域「rs12961969」以外にも複数存在するため、それらも加味して神経症の程度度合いを測る必要があります。

神経症に関わる遺伝タイプをどの程度持っているか確認することは、他人と比べてどれだけ不安に敏感なのかを表す一つの指標であります。

その認識を今後の行動に生かすことで、こころに余裕を持たせてくれるかもしれません。

作用機序、メカニズム

【rs12961969】

病名: empty

染色体位置: 18番

遺伝子: CELF4

臓器: 脳

Risk Allele : C

神経症に関わる 遺伝子「CELF4」遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、18番染色体に位置します。

遺伝情報はDNA内の塩基の並びによって伝えられるのですが、DNAには直接タンパク質を産生、または制御にかかわらない塩基も混ざっています。

遺伝子「直接タンパク質を産生、または制御にかかわらない塩基も混じっています。CELF4」は、DNA内の発現や調整に関わらない領域を取り除き、脳神経細胞(ニューロン)を作る遺伝情報のみにする役割を持っています。(参考リンク3)

脳はニューロンから構成されているので、遺伝子「CELF4」遺伝子の働きは脳の体積に影響を与えると考えられています。

また、最近の研究で、脳器官の一つである小脳の体積が神経症と相関関係があり、遺伝子「CELF4」遺伝子は、神経症の発症に関連していることが明らかになりました。(参考リンク4)

以上のように、「rs12961969」は神経症の発症に関係し、注目を浴びている SNV の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬