DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

顔認識能力

empty

顔認識能力

顔認識力は、ムーニーフェイスと呼ばれる白と黒の組み合わせによって作られるだまし絵を顔と認識できたり、各々の顔の特徴を見分けたりする能力の事です。

写真を見た時に映るはずのないヒトの顔のような物が見えやすい人、一度しか会ってない人の顔を時間が経っても記憶できる人は顔認識力が高い人なのかもしれません。

この顔認識力はトレーニング次第で鍛えられると考えられていましたが、実はヒトのDNAがある程度影響することが分かっています。

顔認識能力

イギリスのケンブリッジ大学で行われた調査で、RAPGEF5という遺伝子の特定タイプが人の顔認識力に大きな影響を与えていることが報告されています。

ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的な顔認識力の傾向を確認してみませんか?

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

イギリスのケンブリッジ大学心理学部で行われた研究から、RAPGEF5遺伝子の特定タイプによって、顔認識力に違いがある人がいる事が分かりました。

顔認識力に関わるRAPGEF5遺伝子の特定領域の名前は「rs1522280」と呼ばれています。

「rs1522280」には、AA、GA、GGAA、GA、GGと3つの遺伝子型があり、AAタイプの遺伝子型を持つ人は顔認識力が高く、GAタイプの人は顔認識力がやや低く、GGタイプの人は顔認識力が低い傾向があります。(参考リンク1)

AAタイプの人のように、顔認識力が高い傾向にある人は、学生なら新学期、社会人なら新卒や転職時において、馴染みやすさや社交性の向上が見込めます。

また、中には人並みはずれた顔認識力を持つ極少数の人々はスーパーレコグナイザーと呼ばれており、指名手配犯の捜査員で有利な能力として求められています。(参考リンク2.4)

一方でGA、GGタイプの人のように顔認識力が低い傾向にある人は、「何度も会っているのに無視された」などどいう誤解が起こるかもしれません。

新しく会う人は、名前や顔の特徴をメモに書いたり、声や服装など顔以外の特徴で識別できるようにするのがいいでしょう。

このように、顔認識力に関する遺伝的な傾向を科学的に確認することで、自分に合った趣味や職業などを事前に検討できるのではないでしょうか?

作用機序、メカニズム

【rs1522280】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : G

顔認識力に関わるRAPGEF5遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体の内、7番染色体に位置します。

RAPGEF5遺伝子は、脳の紡錘状回という場所に多く存在し、視覚などの感覚的な情報を伝達するための経路活性化に関係しています。(参考リンク3.3)

また、紡錘状回は顔を見た際に反応する部位として知られており、視覚による刺激が顔か顔でないかという顔の検出だけでなく、顔による個人識別にも関与していると言われています。(参考リンク4、2)

世界中には顔認識力が低い傾向とされるGGタイプの人が訳1割ぐらいであり、日本人ではAAタイプが32.7%、GAタイプが51.3%、GGタイプが15.9%の割合であります。(参考リンク5、6)

以上のように、「rs1522280」は、顔認識力といった才能や知性に関係し、注目されているSNPの一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬