DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

単語の読み方

empty

単語の読み方

言語能力は、相手が話す内容を理解したり、文章を読み取とったり、コミュニケーションをとる上で大切な力です。

言語能力は、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つに分けられます。

その中でも「読む」能力、すなわち読字力は、教科学習の成績に特に影響することが指摘されており、文系科目だけでなく、その他の教科を学習する上でも重要なスキルです。

単語の読み方

また、将来的に発表会や会議などの場面で内容をスラスラと音読できたり、資格の勉強をしたりする際に役立ちます。

言語能力は遺伝と環境によって決まると考えられており、大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンターの調べによると遺伝的要因が約50%、環境的要因が約50%関与しているとされています。(参考リンク1)

近年では、言語能力に関わる遺伝子が複数発見されています。

今回はその中でも、読字力と関連していたBTG3-AS1という遺伝子付近のある部位に関して説明します。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

ドイツのマックス・プランク精神医学研究所で行われた共同研究から、BTG3-AS1遺伝子付近の特定タイプによって、単語の読字が苦手な人が多い傾向にあるということが明らかになりました。

その部位は「rs2101523」と呼ばれています。(参考リンク2)

「rs2101523」には、CC、CT、TTと 3 つの遺伝子型があります。

TTタイプの遺伝子型をもつ人は、読字が苦手な傾向にあり、CTタイプの人はやや苦手な傾向があることがわかっています。

日本人の遺伝子型は、CCタイプが最も多い95.8%、CTタイプは4.1%、GGタイプは最も少ない0.1%未満を示します。(参考リンク3)

日本人の9割以上の人が、読字力に影響しにくい遺伝子タイプを持っているのですが、遺伝子タイプに限らず、必ずしも読字力と関連するわけではありません。

読字力は、教育や環境による影響を大きく受けるとされています。

どれだけ読字力に優れた人でも生まれながらにして、全く努力をせずに文章をスラスラと読める人がいないように、自分の工夫や環境次第で伸ばせる才能といえます。

たとえば、練習法として文の区切りに印をつけて視覚的に見やすくすること、声に出して本を読んでみることなどがあげられます。

音声として耳から聞くと情報が理解しやすいと言われており、繰り返し聞くことにより、スムーズに読めるようになるでしょう。

また、電子教科書を活用して、真似をしながら音読してみるのもよいかもしれません。

以上のように、遺伝的な読字力の高低に関わらず、工夫や努力次第で才能に変えることができます。

遺伝子タイプを調べることは、才能の開花や早期対策にきっかけ作りに役立つかもしれません。

作用機序、メカニズム

【rs2101523】

病名: empty

染色体位置: empty

遺伝子: empty

臓器: empty

Risk Allele : T

BTG3-AS1遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、21番染色体に位置します。

BTG3-AS1は精巣や大腸などのあらゆる臓器に発現しており、特に出生前の脳に多く発現することがわかっています。(参考リンク4)

BTG3-AS1の機能や読字力に関するメカニズムは、まだ解明されていません。

しかし、BTG3-AS1が細胞周期の進行を妨げる抗増殖遺伝子であることや出生前の脳に多く発現していることから、BTG3-AS1付近に存在するrs2101523の遺伝子タイプによって、脳の発達(特に言語中枢の存在する前頭葉や側頭葉)の程度に影響しているのではないかと推測することができます。

以上のように、「rs2101523」は読字力と深く関係し、注目を浴びているDNA領域の一つです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬