DNAスコアの検査項⽬

 

×
DNAマッチング親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

DNAマッチングの詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

 

×
親子の絆はDNAスコアの無料オプションです。

親子の絆(父子/母子DNA鑑定)の詳細
DNAスコアをお申込/キット購入

中毒

アルコール依存(飲酒頻度の増加)

中毒

「お酒を飲む量が増えてきたなぁ。」と感じている方はいませんか。

ほどよい飲酒は、ストレス解消や血行促進などの効果があると言われていますが、飲みすぎには注意が必要です。

過度な飲酒は、急性アルコール中毒やがんのリスクを上げ、肝臓へ悪影響を及ぼします。

中毒

では、なぜ飲みすぎてしまうのでしょうか。

もちろん、仕事のストレスや日々の疲れなどの一時的な精神状態も関係していますがすが、

、最近の研究からでは、遺伝子「ONECUT2」ONECUT2という遺伝子付近のある部位が、飲酒の量に影響しているということが明らかになりました。(参考リンク1)

お酒を飲む量が増えてしまうと、アルコール依存症や臓器障害を起こすリスクが高まります。

特に、アルコール依存症になってしまうと、自分自身の力で治療することは難しく、周りの人に迷惑をかける事態になってしまいます。

自分自身がどのような遺伝子を持ち、どのようなことに注意すればよいかを知ることは、自分自身だけでなく周りの人への配慮にも繋がります。

お酒の量で悩んでいる方は、一度自分自身の遺伝情報を調べて検査してみてはいかがでしょうか。

card1

パートナー同士でDNAスコアを受けると、2人のDNA相性が分かる「DNAマッチング」が無料

card2

親子の2人でDNAスコアを受けると、親子の絆を数値で報告するDNA父子/母子鑑定が無料

理論的根拠

グラフ
グラフ

イギリスのバイオバンクで実施された研究により、遺伝子「ONECUT2」という遺伝子特定の遺伝子領域付近で飲酒量と相関関係のある遺伝子が発見されました。その部位は「rs4092465」と呼ばれています。

DNA領域「rs4092465」には、「AA型」、「,AG型」、「,GG型」の3つの遺伝子型があります。

GGタイプの遺伝子型を持つ人は、飲酒により依存性のあるホルモンの受容体が多いためが分泌されるため、飲酒量が増えてしまう傾向にあります。■また、AG型:タイプ依存性のあるホルモンの受容体が多いため、飲酒量がを持つ人も、同じ理由で飲酒量がやや増えてしまう傾向にあります。る。

■GG型:依存性のあるホルモンの受容体が多いため、飲酒量が増えてしまう傾向にある。

アジア日本人の遺伝子タイプは、以下のとおりです。(参考リンク2)

■AA型タイプ:が53.3% ※と最も多いく

、■次いでAG型:タイプが39.4%

■、GG型:タイプ は7.3% ※最も少ないという割合になっています。(参考リンク2)

しかしただし、世界全体の遺伝子タイプは、以下のとおりです。割合では、AGタイプが最も多い47.8%

■AA型:15.53% ※最も少ない

■AG型:47.8%  ※最も多い

■、そしてアジアで7.3%しかいないGG型タイプ:が36.71%

、アジアで最も多かったAAタイプは15.53%とかなり少なくなっています。そのため、世界全体で見ると、日本人はお酒に依存しづらい人種ということが言えます。

ただ、日本人の約41%の人は「ALDH2」の酵素の活性遺伝子がNN(お酒にかなり弱い)タイプと言われています(アフリカ・ヨーロッパ系は0%)。(参考リンク3)

依存しづらいとはいえ、もともと日本人はお酒に弱い人種ですので、少量の飲酒も危険になりえます。自分自身のお酒のタイプを知っておいて損はないでしょう。

作用機序、メカニズム

【rs4092465】

病名: アルコール依存(飲酒頻度の増加)

染色体位置: 18番

遺伝子: ONECUT2

臓器: 肝臓

Risk Allele : empty

飲酒の量に関わるONECUT2遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、18番目の染色体に位置します。

飲酒の量に関わる遺伝子「ONECUT2」遺伝子は、ヒトに共通する24の染色体のうち、18番目の染色体に位置します。

この遺伝子は、肝細胞に多く存在しており、アルコール摂取量や頻度と深く関係している遺伝子ですいます。。

遺伝子「ONECUT2」遺伝子は、RNA分子「microRNA-9(miR-9)」というRNA分子によって発現量を調節されていますが、「miR-9」の発現調節機能に異常が発生すると、「ONECUT2」の発現量が異常に増加します。

その影響は肝細胞だけにとどまらず、脳の部位である「線条体」という脳の部位でも、遺伝子「ONECUT2」が増加します。(参考リンク3)

「線条体」は、ドーパミン受容体が多く存在しており、依存や快楽に関わる意思決定を行う部位です。

「線条体」この部位に異常が起きてしまうと、依存や快楽への抑制機能が低下し、薬物やアルコールなどへの依存状態に陥ってしまいうリスクが増えます、。その結果、飲酒の量が増えてしまうのと考えられますです。ONECUT2遺伝子は、ストレス反応に関わるホルモンと、薬物依存や依存の再発に作用します。(参考リンク3)

実は、薬物中毒やアルコール依存症の原因は「ドーパミン」という脳内ホルモンであり、メカニズムは同じです。ドーパミンは分泌されると快感を得ますが、減ってしまうとストレスになるので、分泌量を増やすためにお酒の量も増えていきます。このサイクルを繰り返すことによって、お酒の量はどんどん増えてしまいます。

以上のように、DNA領域「rs4092465」は、飲酒量の増加に深く関係しており、現在いまも研究が進められているSNPです。


【参考資料】

DNAスコアの検査項⽬

健康リスク 体質 才能

DNAスコアの検査項⽬