父権肯定確率99.9999999999%の検査は本当に必要でしょうか?

0_ZERO_FUNKY_FONT_BW

父権肯定確率99.99%の結果では不安?

弊社の自社ラボで行う出生前DNA鑑定の検査方法を応用して出生後の一般的な親子鑑定を行う場合、父権肯定確率の保証値は99.9999999999%又は0%です。
肯定の場合の保証値としては99.9999999999%ですが、実際には、父権肯定確率99.99999999999999999999%以上の計算値が得られます。通常のDNA父子鑑定では、父権肯定確率99.99%又は0%が保証値として結果が得られます。
「父権肯定確率99.99%くらいじゃひょっとして判定ミスの可能性があるのでは?」と疑問を感じ、お問い合わせをいただくことが弊社でもあります。
しかし、遺伝学における父権肯定確率99.99%ということの意味は、「血縁関係を否定することは事実上不可能」という意味です。

父権肯定確率99.99%と父権肯定確率99.9999999999%の違い

父権肯定確率99.99%でも十分な精度であるという意味なので、遺伝学的には2つの数値に大きな差はありません。
超高精度DNA鑑定ではなく、一般的に行なわれているDNA親子鑑定でも、約20,000,000,000,000,000人を一人ずつ見分けられる精度なので裁判や入局管理局でも問題なく認められます。1国際的には「父権肯定確率99.9%」以上の数値が得られたらどの国でも生物学的親子であると認められますし、安心していただける結果です。

しかし、一部の業者が「父権肯定確率=親子関係である確率」などと間違って説明しているように、「親子関係である確率が99.9%である」と判定された場合は、「被験者同士は0.1%の確率で生物学的な親子関係ではない」という意味になってしまいます。そうなると、裁判所でも絶対的な証拠として使うことができません。
DNA鑑定に資格や認定が必要でないため、専門知識のない業者も多く、「父権肯定確率」と「親子関係である確率」この二つの確率の違いを理解する業者が少ないというのが現状です。

超高精度DNA鑑定が必要な理由

被験者のDNAに突然変異があり「99.9%以上の父権肯定確率が得られない」又は、「病院の病理組織を用いたDNA鑑定が必要」な場合は、弊社の超高精度DNA鑑定が役に立ちます。
弊社の自社ラボで行われる出生前DNA鑑定法を応用した出生後のDNA親子鑑定なら、どのような場面でも最も正確に血縁関係が確認できます。

世界的にも父権肯定確率99.9999999999%以上又は0%の保証ができる検査機関は片手で数えるぐらいしかありません。
血縁関係でお悩みをお持ちでしたら是非とも私たちseeDNA法医学研究所にお任せください。

(注1)AABBというアメリカの血液学会で定められたDNA鑑定の基準

お気軽にご相談下さい。
ご質問ご相談は完全無料です ▶︎▶︎

認定検査機関の
返金保証+無料相談付きDNA鑑定

TEL 0120-919-097
受付時間 月~日 9:00~19:00(祝日を除く)

誰もが悪質業者に対する注意を呼びかけている中で、 専門知識のない一般の方が正確な結果を提供する業者を、 見分けることは簡単なことではありません。 DNA鑑定は、信頼と実績のseeDNAにお任せください。

検査のお申し込み ▶︎