肯定の結果で鑑定ミスはありえない?

2020.04.17

「父権肯定確率」という値で血縁関係が肯定か、否定かを判断

一般的な父子鑑定や出生前DNA鑑定では「父権肯定確率」という値で血縁関係が肯定か、否定かを判断いたしますが、この値が99.9%以上の肯定の結果となる場合、鑑定ミスの可能性をほぼ排除することができます。 (DNA鑑定は理論上100%の父権肯定確率は得られません)

shutterstock_1563417133

というのも、肯定の結果の場合、以下の可能性が排除されるためです。
(以下のことが万が一にも起きた場合、結果は全て否定の結果となります)

  • ・検体の取違いなど、ヒューマンエラーに起因するミス判定
  • ・DNAの突然変異やキメラの可能性

一卵性双生児の両名が擬父の可能性がある場合

two-guys-sitting-by-the-beach-1697311

唯一存在する例外は、擬父の被験者が一卵性双生児であり、なおかつ双生児の方の両名が擬父の可能性がある場合です。
この場合、DNA情報が双生児間で基本的に同一であるため、鑑定ミスの可能性があります。
ただし、これに関しては鑑定を実際に行う上で基本的には無視できるものである、ということもご理解いただけると思います。

一方、被験者同士の血縁関係が否定された場合は、検体の取り間違いや検査ミス、被検体DNA上の突然変異などにより生物学的親子であっても血縁関係が否定されるリスクがあります。
以上のことから、鑑定ミスの可能性を確実に排除したいのであれば、肯定の結果が出るような鑑定を行うことをお薦めいたします。

しかしながら、場合によっては肯定の結果が出るような鑑定を行うことが難しい状況もあるかと思います。

弊社ラボ

弊社では、検体の取違いなどのヒューマンエラーに起因する鑑定ミスに関しては、ダブルチェック※1に加えてトリプルチェック※2を行うことで完全に排除しております。
そのため、否定の結果が出たからといって心配する必要はございません。ご安心ください。

人生の不安を解消するDNA鑑定が必要になった際には、是非弊社までご相談ください。

※1 検査員を変えて同じ検査をもう一度行うことでミスを防ぐ方法(国際基準でも定められている方法)
※2 過去5年間蓄積された全ての鑑定データとの比較を行うことでミスを防ぐ方法(弊社オリジナルの方法)

日本で唯一、出生前DNA鑑定が国内で完結する機関です。 父子鑑定も自社ラボで扱っております。 その他、複雑な鑑定に関しましてもご相談ください。