肯定確率99.99%=0.01%は血縁関係なし? 

2017.07.23

答えは、「肯定確率99.99% ≠ 血縁関係なしの確率0.01%」です

0_ZERO_FUNKY_FONT_BW

肯定確率99.99%は0.01%の確率で親子ではない?

他社から「肯定確率99.99%とは0.01%の確率で親子ではない」と説明をされ、「ひょっとして判定ミスの可能性があるのでは?」と疑問を感じ、弊社に再鑑定を依頼される方がいらっしゃいました。
しかし、遺伝学における血縁関係を持つ確率99.99%とは「肯定確率」のことであり、「親子ではない確率が0.01%である」という意味ではありません。

肯定確率99.99%の意味

いくつかの鑑定会社では、「肯定確率99.99%」を「0.01%の確率で父親ではない」と説明をしているようです。
本当に彼らの鑑定が「血縁関係がない確率が0.01%である」精度であれば、1地球上の全人口約72億人のうち、少なくとも300,000人もが父とされる鑑定結果です。
言うまでもなく、このような鑑定結果では裁判で認められません。
現在行なわれているDNA型鑑定は、約20,000,000,000,000,000人を一人ずつ見分けられる精度ですので、一度「肯定」と判別された場合、その結果を否定することは事実上不可能です。
99.99%とは、そのような精度のDNA型鑑定で「1万回血縁関係があると判別された場合、そのうちの1回の割合で、血縁関係がないのにも関わらず、血縁関係があるとミス判定される」という意味です。
つまり、血縁関係がないのに「あり」と判断される可能性は、限りなく「0」に近いという意味です。

血縁関係を持たない確率が0.01%と告げられた場合

鑑定会社による「血縁関係を持たない確率が0.01%である」という説明が事実であれば、その業者は20年前のDNA型鑑定方法を用いて鑑定を行なっている悪質業者です。
あるいは、単純に遺伝学的知識がなく、肯定確率の意味を正しく理解していないだけかもしれませんが・・・

いずれにせよ、人の人生を変える大事な鑑定を依頼するには、非常に不安なことですね。

(注1)2014年7月現在、世界人口約72億人~ウィキペディアより引用

日本で唯一、出生前DNA鑑定が国内で完結する機関です。 父子鑑定も自社ラボで扱っております。 その他、複雑な鑑定に関しましてもご相談ください。