非嫡出子の出生届

  • 法的情報

■ そもそも出生届とは 出生届とは、生まれた赤ちゃんの戸籍を作る手続きになります。出生届には父母を記入する欄があります。お母さんの欄は問題ありませんが、問題は父の欄です。 赤ちゃんの父親が誰かわからない、婚姻中でなく、なおかつ嫡出推定されない子は父親の欄が空欄の戸籍が作られます。 出生届を提出した後から認知をしてもらえば、問題ないことでは有りますが、後から認知されたこと(いつどこが本籍の......

秘密裏にDNA鑑定

  • 法的情報

■ パートナーとの子どもなのかな 時々、子どもが本当に旦那との子どもなのか心配になることがある。日に日に顔が夫から離れているような気がする。親戚の集まりに顔をだしたら、「あんまり〇〇と似ていないねぇ」と言われてしまった。そのほとんどが考えすぎや気のせいに違いありません。もちろん自信はあるけど、もし違っていたら…。ことある毎にこんなことを考えていたら、埒があきません。 確かに受精日近辺に複数......

DNA鑑定と警察

  • 法的情報

■ 足利事件とDNA鑑定 足利事件は、警察の誤認逮捕による冤罪被害として広く知られています。 事件当時に行われたDNA鑑定に問題があった、という報道が多くある為、DNA鑑定の信頼性について疑問を抱く方もいらっしゃると思います。 実は、足利事件とDNA鑑定について、多くの方が誤解している点があるのです。 ■ 足利事件における警察の捜査の問題点 まず、警察が令状無しに被告の捨てた......

孫が息子と似ていない — DNA親子鑑定 —

  • 法的情報

■ 孫が息子と似ていない気がする大型連休があると、息子夫婦が帰省して、久しぶりに孫の顔を見ることができたなんて方も多いのではないでしょうか。 初孫を見せに来てくれた、あるいは孫の成長が楽しみ、という方もいらっしゃると思います。 ただ、お孫さんのDNA鑑定を依頼されるお客様が多いのも連休明けの特徴です。孫が自分の息子に似ていない。本当に息子の子どもなんだろうか。気のせいだと思っても、離れて暮らしてい......

DNA鑑定はこっそりできるの?

DNA鑑定とプライバシー

  • よく読まれている記事
  • 法的情報

お申込者様以外にはDNA鑑定に関する一切の情報をお伝えいたしませんので、人目を気にせずご依頼いただけます。個人情報保護のための同意書の作成裁判用の法的DNA鑑定は、お申し込みの時点から全員の同意を確認し、同意書の作成にも専門スタッフの立合いが必要です。 個人的な確認を目的とした私的DNA鑑定においても、鑑定に参加する被検者全員の同意が必要です(注1経済産業省のガイドライン)。 これは、父親がお子様......

DNA親子鑑定と離婚後300日問題②【問題の解決】

DNA親子鑑定と離婚後300日問題②【問題の解決】

  • 法的情報

離婚後300日問題の解決のために前回、離婚後300日問題の問題点について書きましたが、今回はその続きの解決方法についてです。 DNA親子鑑定と離婚後300日問題①を読まれていない方は、そちらを先にお読みください。前回の記事をお読みくださった方から、「離婚後に懐胎していることが明らかになった場合は、どうすればよいか」というご質問を頂きました。 この方のように、離婚後に懐胎していることが明らかな場合は......

DNA親子鑑定と離婚後300日問題①

DNA親子鑑定と離婚後300日問題①

  • よく読まれている記事
  • 法的情報

「離婚後に生まれた子どもの実父を確認したい」(離婚後300日問題)離婚後300日問題とは、離婚後300日以内に子どもを出産した場合に起きる問題です。 民法772条により、離婚後300日以内に子どもを出産した場合、前の夫の子どもとして出生届けを提出しなければならないと定められており、婚姻中の夫婦間にできた子どもと推定され、再婚相手が実の父親であっても夫婦の子どもとして出生届が提出できません。 ニュー......

DNA鑑定に関する誤解

DNA鑑定に関する誤解

  • 法的情報

DNA鑑定で血縁関係が否定される割合DNA鑑定の20~30%は血縁関係が否定されていることは事実です。 しかし、これは鑑定を行なっていない家庭を含む全ての家庭のうち20~30%が血縁関係を否定されるという意味ではありません。 悩み続けた人々の中で、やっとの思いでDNA鑑定に踏み切った方々の検査結果から得られた数値です。 DNA鑑定が20,000円台にまで安くなり一般化されたとはいえ、未だにDNA鑑......

行方不明の彼氏(父親)にも赤ちゃんの養育費が請求できる?

行方不明の交際相手(父親)にも赤ちゃんの養育費が請求できる?

  • 法的情報

養育費の支払いが強制できます養育費支払いの義務赤ちゃんの認知もしない、話にも応じない、責任から逃げてしまう男性からも養育費を支払わせることができます。 赤ちゃんが成人になるまでの養育費だけではなく、将来、男性が父親として残すべき財産の分割までも、法律によって強制できます。 都内に自宅を持つ一般のサラリーマンを仮定した場合、総額で1,500万円を超える大金となるので、男性側からすると非常に重い責任と......

法的DNA鑑定の効力

法的DNA鑑定の効力

  • よく読まれている記事
  • 法的情報

法的DNA鑑定により養育費が貰える法的DNA鑑定により父親と判定されたら、赤ちゃんが成人になるまでの毎月の養育費と父となる男性が残す遺産の分割まで強制することができます。 別に結婚しなかったとか不倫であった、または、父親とされる男性が拒否したなど関係ありません。 養育費の支払いは法律で定められている父親としての義務であり、子どもの権利です。 お子様の親権者で母親がしっかり受け取るべきです。養育費と......

DNA鑑定により確認できる続柄

DNA鑑定により確認できる続柄

  • 法的情報

DNA鑑定で確認できる血縁関係 DNA血縁鑑定は、最も確実に被検者同士の続柄を証明できる検査ではありますが、全ての血縁関係を検査できるわけではありません。 基本的な親子鑑定、DNA親子(父子)鑑定、DNA親子(母子)鑑定や、兄弟鑑定以外には祖父母と孫の関係を含む父系と母系を検査するDNA祖父・祖母鑑定ができます。 対象となるのは下の家系図で明確に示された続柄のみです。 父系のDNA親子鑑定 ......

信頼できるDNA鑑定会社を選ぶために

信頼できるDNA鑑定会社を選ぶために

  • 法的情報

国内には国際認証を受けて親子鑑定を行う業者は一か所もありませんが、検体のミスや検体の取り間違いを防ぐには国際認証を受けた検査機関に依頼することが大事です。......

国際認定の鑑定機関での検査が必要な理由

国際認定の鑑定機関での検査が必要な理由

  • 法的情報

国内には国際認証を受けたDNA鑑定の業者が一か所もありませんが、DNA鑑定機関をを選ぶ際に国際認証の確認は必須です。......

親子関係の証明で養育費がもらえる

親子関係の証明で養育費がもらえる

  • 法的情報

法的鑑定による血縁関係の証明で養育費がもらえます親子関係の証明で養育費がもらえるDNA鑑定により実の親子であると血縁関係が証明されれば、父親に養育費の請求ができます。 もし養育費をもらうためにDNA鑑定を求める母親に対し、父とされる男性がDNA鑑定を拒否する場合は、裁判所の仲介で裁判用DNA鑑定を行うことが出来ます。 父とされる男性がDNA鑑定を拒否し続けた場合でも、強制認知(裁判認知)により裁......

DNA鑑定は偽造できる??

DNA鑑定は偽造できる??

  • 法的情報

答えは「技術的には不可能だが、現実にはあり得る」ですテクニカル的には不可能弊社の申込書に「骨髄移植を受けたか」についての確認項目があります。これは、他人から移植された骨髄に含まれている細胞が、被検者の体内で増殖し、検体として採取される可能性があるからです。しかし、可能性としては限りなく0%に近いことです。 DNA検体を偽造するために、採取を行う皮膚組織に他人の皮膚組織を移植することで自分のDN......

なぜ私的DNA鑑定は裁判で認められないの?

  • 法的情報

答えは、「検体採取時、第三者の立会いがなかったから」です 私的鑑定の精度も十分 弊社では私的鑑定においてもFBIのガイドラインより35倍高い精度の検査を保証しております。 私的鑑定が裁判で認められないのは「精度が低いから」ではございません。 私的鑑定では検体採取から同意書の作成までを個人で行う私的鑑定の場合、弊社から送られてくる「DNA鑑定キット」を使い、依頼人ご自身で検体採取を行ってい......

DNA鑑定に必要な書類の案内

  • よく読まれている記事
  • 法的情報

たくさんのお問い合わせありがとうございます。今回は鑑定に必要な書類についてご説明いたします。 鑑定の手順などについての詳しい内容は<鑑定の流れ>をご確認ください。私的鑑定・ #1(申請書)、#2(同意書)の作成をお願いいたします。・ 鑑定に参加される被検者様の本人確認書類の提出や、ご住所/電話番号など連絡先の記入は必要ございません。・ 結果報告のため、依頼人様のメールアドレス、ご住所などをご記入く......

DNA鑑定に用いられるDNA情報のセキュリティー

  • 法的情報

近い将来ありうる話皆様は 注1『ガタカ』という映画をご存知でしょうか? 出生前の遺伝子操作により、生まれながらに優れた知能、体力、外見を持った「適正者」と、自然出産により産まれた「不適正者」との間で、厳格な社会的差別がある近未来の物語です。イーサン・ホーク演じる主人公ヴィンセントは、不適正者として生まれ、社会の差別に苦しみながらも、最後には 宇宙飛行士に選ばれて夢をかなえるという内容です。 出生前......

国内には国際認証を持つ血縁鑑定会社がない?

  • 法的情報

日本国内で血縁鑑定を行っている検査施設は注13ヶ所程度です。しかし、2014年4月現在 注2「ISO/IEC17025」国際認証を受けた検査施設は1ヶ所もありません。法医学に対する国際認証アメリカは勿論のこと、お隣の韓国でも国際認証を得た施設は2ヶ所もあります。特にダウジン(Dowgene)は、2007年に 国際認証を受けてから、公的な遺伝子検査に関する調査機関により8年連続で「A」グレードと評価......