close

2017年度 年末年始の休業日程をお知らせいたします。

ロゴ

以下の日程では検体の受付とDNA鑑定キットの発送は行いませんので、予めご了承ください。 今後とも宜しくお願いいたします。

東京研究所
2017年12月29日(金) ~ 2018年1月3日(水)

大阪出張所
2017年12月26日(火) ~ 2018年1月5日(金)

親子関係の証明で養育費がもらえる

裁判用法的DNA鑑定
法的鑑定による血縁関係の証明で養育費がもらえます

親子関係の証明で養育費がもらえる

DNA鑑定により実の親子であると血縁関係が証明されれば、父親に養育費の請求ができます。
もし養育費をもらうためにDNA鑑定を求める母親に対し、父とされる男性がDNA鑑定を拒否する場合は、裁判所の仲介で裁判用DNA鑑定を行うことが出来ます。
父とされる男性がDNA鑑定を拒否し続けた場合でも、強制認知(裁判認知)により裁判官の判断で養育費の支給を決めることも可能です。
一旦認知されると、赤ちゃんが成人になるまで月々の養育だけではなく、生物学的な父が残す遺産の分配まで行なえるので、非常に大きな金額となるケースも多いです。

強制認知の限界

しかし、上記の方法ですと時間がかかってしまい、実際には養育費が支払われないケースも多くあります。
複雑な手続きを経て、やっと養育費の請求が認められても、時間の経過により養育費の支払いを強制できなくなってしまう事も珍しくありません。

円満な解決の為のDNA鑑定

裁判用の鑑定は非常に有効ではありますが、鑑定費用だけでも6万円~10万円ほどになりますし、結果が得られてからの手間を考えると、裁判に踏み切るのは容易ではありません。
このような場合は私的鑑定が有効です。
実の親子関係である鑑定結果と強制認知制度をお子様の父親に伝えることで、裁判までいかずとも安い費用で解決できるケースも多くあります。

FBIのガイドラインより35倍高い精度での検査

弊社では、世界的な基準となるアメリカのFBI(連邦捜査局)のガイドラインより35倍高い精度のDNA鑑定を保証しながらも、最短4日で結果報告いたします。
お電話での相談/お申し込みができるので、「0120-919-097 」までお気軽にご連絡ください。
または、インターネットでのお申し込みも24時間受け付けています。


お気軽にご相談下さい。
ご質問ご相談は完全無料です ▶︎▶︎

認定検査機関の
返金保証+無料相談付きDNA鑑定

TEL 0120-919-097
受付時間 09:00〜18:00

誰もが悪質業者に対する注意を呼びかけている中で、 専門知識のない一般の方が正確な結果を提供する業者を、 見分けることは簡単なことではありません。 DNA鑑定は、信頼と実績のSeeDNAにお任せください。

検査のお申し込み ▶︎