国際認定の鑑定機関での検査が必要な理由

2017.01.04

国内には国際認証を受けた血縁鑑定業者がない

DNA血縁鑑定とISO/IEC17025

日本の多くの遺伝子鑑定機関のうち、血縁鑑定を行う業者は注13箇所程です。しかし、2014年7月現在注2「ISO/IEC17025」国際認証を受けた試験所は1箇所もありません。

国際認定

国際認定がない業者によるDNA型鑑定は、海外では使用できない

DNA血縁鑑定が盛んなアメリカは勿論、お隣の韓国でも3箇所の鑑定機関で ISO/IEC17025を受けています。
韓国No.1鑑定機関であるDowgene.Incでは、2009年に ISO/IEC17025を受けて以来、公的な遺伝子鑑定に関する調査機関から8年連続(2007年~2014年)「A」グレードと評価されました。

業者を選ぶ際に国際認定の確認は必須

日本国内でも、病気の診断や治療などに関わる臨床DNA型鑑定所であれば、 「ISO 15189」国際認証を獲得した、信頼できる鑑定所が多くあります。
人の人生を変える親子鑑定などの血縁鑑定も、同じく国際認証を受けた鑑定機関に依頼したほうが安心できるのではないでしょうか。
日本国内鑑定であるというだけで十分信頼できると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、ISO/IEC17025がある機関だけが政府や警察、軍との業務提携を結ぶことができます。
これは国内だけではなく、国際的に通用する証明書としての信頼性を高める、非常に大事な根拠です

注12014年7月1日時点での弊社調査結果
注2 試験所および校正機関の能力に関する一般要求事項の国際標準規格である。試験所の能力を、認定機関が認定する際の基準として利用される。「ISO/IEC 17025」の認定を受けた試験所・校正機関が発行する証明書類には、認定マークを記載することができ、国際的に通用する証明書としての信頼性を高めることができる。

日本で唯一、出生前DNA鑑定が国内で完結する機関です。 父子鑑定も自社ラボで扱っております。 その他、複雑な鑑定に関しましてもご相談ください。