1,517カ所※1の特定のDNA部位を調べることで、
パートナーとの遺伝的マッチング度を計算します。

パートナー探しにおける代表的なサービスとして、結婚情報サイトや婚活アプリが挙げられます。
皆さんご存知の通り、これらのサービスでは、年収や学歴を基準にしてパートナーを探すことができます。
しかし、年収や学歴でパートナーを選んでも、子どもに優れた遺伝子を残せるのかどうかは分かりません。
もちろん、遺伝疾患のリスク等も分かりません。

では、何を基準にしてパートナーを選べばよいのでしょうか?それは、「DNAの相性」です。
パートナーとの遺伝的マッチング度が高ければ高いほど、自分にとって最適な結婚相手だと言えるでしょう。

・病気、才能、能力に関わる特定のDNA部位を検査し、パートナーとの「DNAの相性」を評価します。

・検査結果をもとに、優れたDNAを子どもに伝えられる確率とスコアを計算します。

その上で、日本人集団の中でランダムに行われるマッチングと比較した場合、上位何%に位置するのか、具体的な数値で示します。

※1 業界最大数

次世代DNA塩基配列分析装置を用いて、
1,517カ所のDNA領域を99.9%以上の精度で読み取り、
正確にDNA検査を行います。

弊社は、海外機関に血液サンプルを送ってしまう仲介業者ではございません。
国内の自社ラボで鑑定を行うので、血液の劣化を防げる上に、最安・最速で鑑定結果を報告することが可能です。

平均鑑定歴10年以上の専門家が直接鑑定を行いますので、DNA検査が初めての方でも、安心してお申し込みください。

近日公開予定

これからは“DNAのマッチング”でパートナーを探す時代です。

DNAマッチングサービスでパートナーとの遺伝的相性を調べることによって、優れた遺伝子を子どもに伝えられる可能性や、遺伝疾患のリスク等について把握でき、充実したパートナー選びが可能になります。

ただし、内容が不十分なDNAマッチングサービスも多く、注意が必要です。
免疫に関わるいくつかの遺伝子を簡易的に調べるだけのDNA本来の相性を評価できないサービスも存在します。
当然臓器移植の資料として活用もできない上、マッチングに科学的な根拠と実用性はない占いのような検査です。
また、臓器移植の相性テストを行ってもパートナー選びの条件にはならないのが現状でしょう。

一方で、当サービス「DNA相性」では、1,517カ所のDNA領域を検査することで、依頼人様とパートナーの遺伝的マッチング度を科学的に評価します。
もちろん、子どもに優れた遺伝子を残せる確率や、遺伝疾患のリスク等についても、しっかりと確認することができます。

パートナーとの“DNAのマッチング”を知りたい方は、ぜひ「DNA相性」をお試しください。

近日公開予定