DNAスコアで分かること

DNAスコアの検査項目

心肺機能

心肺機能

心肺機能は、文字通り心臓と肺の機能です。
肺は効率よく酸素を取り入れ、心臓は一定のリズムで収縮と弛緩を繰り返して酸素を含んだ血液を全身へ送ります。
この心肺機能が優れていると、体内に取り込んだ酸素を効率よく活用してエネルギーを生み出しやすくなります。
そのため、長い時間運動することが可能となり、いわゆる「スタミナがある」と表現されます。
心肺機能を高めるにはトレーニングが重要ですが、DNAもある程度影響することがわかっています。

ドイツのミュンヘン工科大学を中心に行われ調査で、ADRB2という遺伝子の特定タイプが人の心肺機能に大きな影響を与えていることが報告されています。
ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的な心肺機能の傾向を確認してみませんか?

パートナーとの「DNAマッチング」が無料

パートナー同士でDNAスコアを受けた場合、さらに2人のDNAの相性が分かる「DNAマッチング」サービスを無料で受けることができます。パートナーとの遺伝的マッチング度を計算し、将来生まれてくる子どもに伝わる健康へのリスクや才能についても把握できます。 詳しくは下記を参照ください。

【理論的根拠】

ミュンヘン工科大学を中心に行われた共同研究から、ADRB2遺伝子の特定タイプによって、心肺機能に違いがあることがわかりました。

心肺機能に関わるADRB2遺伝子の特定領域の名前は「rs1042713」と呼ばれています。

グラフ

「rs1042713」には、AA、GA、GGと3つの遺伝子型があり、AAタイプの遺伝子型を持つ人は心肺機能が高く、GGタイプの人は一般的な心肺機能を示す傾向があります(参考リンク1)

日本人の遺伝子タイプは、GAタイプが最も多い46.5%、GGタイプが33.0%、AAタイプが最も少ない20.5%を示します(参考リンク2)

AAタイプの人のように、心肺機能が高い傾向にある人は、持久力が高く疲れにくいなどの特徴があります。
さらに体内に取り込んだ酸素を効率よく活用して、糖や脂肪を燃やしてエネルギーを生み出しやすくなります。
そのため、パフォーマンスを維持したまま長時間動くことができる傾向があります。このため長距離マラソンや水泳、登山などに向いているといえます。
このように心肺機能に関する遺伝的な傾向を科学的に確認することで、その人の能力に合わせてスポーツや自分に合った趣味などを検討できるのではないでしょうか。

【DNAとの関連メカニズム】

【rs1042713】
心肺機能
染色体位置 5
遺伝性質 常染色体劣性
遺伝子 ADRB2
臓器 心臓、気管支、脂肪
心肺

ADRB2遺伝子(β2アドレナリン受容体遺伝子)は、人に共通する24の染色体の内、5番染色体に位置します。
主に心臓や血管、気管支、肝臓、脂肪などに存在しています。

運動などの負荷によって、副腎という臓器からアドレナリンというホルモンが放出されます。
心臓のADRB2とアドレナリンが結合すると、心臓から送られる血液量が増加し、気管支と結合すると気管が拡がって多くの酸素を取り込みます。
また、肝臓と結合することで、貯蓄されていた糖の分解、脂肪と結合することで脂肪の分解が促進してエネルギーを生み出します。
このようにアドレナリンは、心肺機能を作動させる源であり、アドレナリンが作用するために必要な受容体ADRB2は心肺機能と深く関係しています。

実際にアメリカのアリゾナ大学薬学科で行われた研究から、ADRB2遺伝子の特定タイプが運動負荷に対して心拍出量、気管支拡張を促進することが明らかとなっています(参考リンク3)

肥満関連遺伝子多型と環境要因チームの今任拓也らの報告によると、ADRB2遺伝子に変異を持つ人では、安静時基礎代謝量が100kcal増えることが認められており、基礎代謝量が多く太りにくい体質とされています(参考リンク4)

以上のように、ADRB2遺伝子の特定領域である「rs1042713」は心肺機能といった身体能力、肥満という体質にも関係し、注目を浴びているSNPの一つです。