DNAスコアで分かること

DNAスコアの検査項目

音程認識力

音程認識力

音程認識力とは、音の高低や音色などを聞きわける能力、いわゆる「音感」です。
ミュージシャンや歌手の多くが優れた音感を身につけており、音楽関係の仕事に携わる場合は重要な能力の一つです。

科学雑誌Newtonの「遺伝とゲノム」 によると、音楽的な才能は92%が遺伝的要因であると示されています。そして音程認識力は、DNAがある程度影響することが分かっています。
韓国のソウル国立大学で行われた調査によると、UGT8という遺伝子の特定タイプが人の音程認識力に大きな影響を与えていることが報告されました。
ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的な音程認識力の傾向を確認してみませんか?

パートナーとの「DNAマッチング」が無料

パートナー同士でDNAスコアを受けた場合、さらに2人のDNAの相性が分かる「DNAマッチング」サービスを無料で受けることができます。 パートナーとの遺伝的マッチング度を計算し、将来生まれてくる子どもに伝わる健康へのリスクや才能についても把握できます。 詳しくは下記を参照ください。

【理論的根拠】

韓国のソウル国立大学で行われた研究から、UGT8遺伝子の特定タイプによって、音程認識力に異なる結果が出ることが分かりました。

音程認識力に関わるUGT8遺伝子の特定領域の名前は「rs4148254」と呼ばれています。

グラフ

「rs4148254」には、TT、CT、CCと3つの遺伝子型があります。
TTタイプの遺伝子型をもつ人は音程認識力が高く、CTタイプの人は音程認識力がやや高いタイプ、CCタイプの人は音程認識力に乏しい傾向があります(参考リンク1)

日本人の遺伝子タイプは、CCタイプが最も多い84.1%、CTタイプは11.4%、TTタイプは最も少ない4.5%を示します(参考リンク2)

TTタイプは、わずかな音程の違いに気づく、音を聴くだけで楽器によって再現できるなど、音楽において優れた能力を発揮する傾向があります。

またCCタイプの人でも、聴覚の発達は3歳〜7歳までに急速に発達するため、早い段階からトレーニングをすることで音程認識力を鍛えられる可能性はあります。

早いうちに音程認識力の遺伝的な傾向を確認することで、ミュージシャンなど音楽関係の仕事を目指す時の判断に役立つのではないでしょうか?

【DNAとの関連メカニズム】

【rs4148254】
音程認識力(音感)
染色体位置 4
遺伝子 UGT8
臓器 脳
音感

音程認識力に関わるUGT8遺伝子は、人に共通する24の染色体のうち、4番染色体に位置します。
UGT8遺伝子は、中枢神経系(脳や脊髄の神経)に多く存在しています。神経は周囲を膜によって包まれており、UGT8は膜を合成させるための酵素を作る遺伝情報をもちます(参考リンク3)

その膜はミエリン鞘とも呼ばれ、神経細胞の保護や神経が情報を伝える速さに影響します。ミエリン鞘が正確に機能していない神経は、情報の伝達が遅くなる傾向があります。

音が聞こえる仕組みは、空気の振動を鼓膜でキャッチし、耳の奥の感覚細胞で情報が神経信号に変換されて脳へと伝わって知覚します。
神経を通して情報を正確に伝える速さが、音程認識力といった音楽的才能と関連していると考えられます。

以上のように、「rs4148254」は音程認識力という才能にも関係し、注目を浴びているSNPの一つです。