DNAスコアで分かること

DNAスコアの検査項目

筋肉の柔軟性

柔軟力

スポーツ中のケガは、筋肉の線維が裂けたり破れたりする「肉離れ」が一般的です。
肉離れの危険因子として筋肉の柔軟性の低さがあり、筋肉が硬いと衝撃をうまく吸収できないためダメージが大きくなると考えられています。
そんな筋肉の柔軟性にはDNAが影響していることが判明しています。

日本の順天堂大学スポーツ健康科学研究科によって行われた調査で、ESR1という遺伝子の特定タイプが人の筋肉の柔軟性に大きな影響を与えていることが報告されました。
ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的な筋肉の柔軟性の傾向を確認してみませんか?

パートナーとの「DNAマッチング」が無料

パートナー同士でDNAスコアを受けた場合、さらに2人のDNAの相性が分かる「DNAマッチング」サービスを無料で受けることができます。 パートナーとの遺伝的マッチング度を計算し、将来生まれてくる子どもに伝わる健康へのリスクや才能についても把握できます。 詳しくは下記を参照ください。

【理論的根拠】

順天堂大学で行われた研究から、ESR1遺伝子の特定タイプによって、筋肉の柔軟性に違いがあることがわかりました。

筋肉の柔軟性に関わるESR1遺伝子の特定領域の名前は「rs2234693」と呼ばれています。

グラフ

「rs2234693」には、CC、CT、TTと3つの遺伝子型があります。
そしてCの遺伝子型をもつ人ほど筋肉が柔らかい傾向が見られます(参考リンク1)

日本人の遺伝子タイプは、CTタイプが最も多い48.7%、TTタイプが33.6%、CCタイプが最も少ない17.7%を示しました(参考リンク2)

遺伝子型にCをもつCC又はCTタイプの人は筋肉が柔らかいため、ケガをしにくくなる可能性があります。

日本人の約3人に1人が該当するTTタイプは、筋肉が硬くケガをしやすいイメージがありますが、一概にそうとは言えません。
筋肉が柔らかいタイプでも準備運動を怠ればケガをする可能性はあります。
一方で筋肉が硬いタイプであっても、事前に正しい準備運動をすればケガを防ぐことができます。
すなわち、自分の筋肉の柔軟性を事前に把握することで、必要なストレッチやトレーニングの種類や時間の検討、ケガの予防方法について検討できます。
そうすることによって筋肉のケガをしにくくなり、安全に運動に取り組める可能性は飛躍的に高くなります。

【DNAとの関連メカニズム】

【rs2234693】
筋肉の柔軟性
染色体位置 6
遺伝性質 常染色体劣性
遺伝子 ESR1
臓器 筋
柔軟性

筋肉の柔軟性に関わるESR1 (エストロゲン受容体1)遺伝子は、人に共通する24の染色体の内、6番染色体に位置します。
ESR1遺伝子は、女性特有の子宮や卵巣だけでなく、筋肉組織にも広く発現しています。
筋肉が柔軟性を失う原因は、コラーゲン由来の組織が多く合成されるためです。それに対してESR1に結合するエストロゲンにはコラーゲン合成を抑制する作用があります。
また、エストロゲンには抗炎症作用や抗酸化作用などの、筋肉を保護する作用があることが示されています(参考リンク1)

実際にノースカロライナ大学の応用生理学研究所は、高濃度のエストロゲンがクレアチンキナーゼという筋肉が壊れた際に上昇する酵素を抑制することが報告されています(参考リンク3)

以上のように「rs2234693」は、筋肉の柔軟性といった才能にも関係し、注目されているSNPの一つです。