DNAスコアで分かること

DNAスコアの検査項目

落ち込みやすさ

落ち込みやすさ

仕事、生活、恋愛、人間関係など、人生においてさまざまな困難が降りかかった時、深い悩みを抱いてしまうことがあります。 そんな時、すばやく気分を切り替えて前向きになれる人もいれば、罪悪感、悲しみ、絶望感、孤独感などの感情を抱きやすく、なかなか立ち直れない性格の人もいます。
性格とは、先天的な遺伝的気質と後天的な環境要因からなり、実は性格とDNA(遺伝子)は大きく関係しているのです。

ご自身の遺伝子タイプを調べることで、遺伝的に気分が落ち込みやすい傾向にあるかを確認してみませんか?

パートナーとの「DNAマッチング」が無料

パートナー同士でDNAスコアを受けた場合、さらに2人のDNAの相性が分かる「DNAマッチング」サービスを無料で受けることができます。 パートナーとの遺伝的マッチング度を計算し、将来生まれてくる子どもに伝わる健康へのリスクや才能についても把握できます。 詳しくは下記を参照ください。

【理論的根拠】

グラフ

アメリカ国立老化研究所の研究から、RORA遺伝子の特定タイプによって、気分が落ち込みやすい人や、うつ病と関連していることがわかりました(参考リンク1)

気分の落ち込みやすさやうつ病に関わるRORA遺伝子の特定領域の名前(SNP)は「rs12912233」と呼ばれています。
RORA遺伝子は体内時計のリズム、ホルモン、脳の発達の調節をする遺伝子です。
「rs12912233」にはTT、TC、CCと3つの遺伝子型があります。
TTタイプの遺伝子型をもつ人は気分が落ち込みやすく、TCタイプの人はやや気分が落ち込みやすい傾向があるといわれています。
日本人の遺伝子タイプは、CCタイプが最も多い60.0%、TCタイプが33.3%、TTタイプが最も少ない6.7%を示しています(参考リンク2)

TT、TCタイプの人は気分が落ち込みやすい傾向があるため、意欲の低下や、睡眠の質が悪くなる可能性があります。

仕事や学業に影響を与えてしまう前に、自分に適した落ち込んだ際の対処法を、見つけておくといいかもしれません。
たとえば、部屋の模様替えや掃除、身体を動かすスポーツ、映画や読者などの気分転換、誰かに話を聞いてもらうなどがあります。
逆にCCタイプのように遺伝型にTをもたない人は、気分が落ち込みにくい傾向があるため、物事の捉え方が柔軟で、人生の壁やトラブルを学びや成長と捉えてる傾向が高いと考えられます。

このように、自分の落ち込みやすさを科学的に知ることで、ストレスへの対応方法や、人材配置の適材適所、適した学習場所や方法を考える際の参考になるのではないでしょうか。

【DNAとの関連メカニズム】

【rs12912233】
気分の落ち込み
染色体位置 15
遺伝性質 常染色体劣性
遺伝子 RORA
臓器 脳、甲状腺など
気分の落ち込み

気分の落ち込みに関わるRORA遺伝子は、人に共通する24の染色体の内、15番染色体に位置します。
RORA遺伝子はマウス実験で脳のプルキンエ細胞や視床下部で多く存在することがわかっています。
プルキンエ細胞は、GABA(ギャバ)というストレスを軽減させる効果やリラックス効果があるアミノ酸に関与する神経の細胞です。
そして視床下部はストレス応答や体内時計など身体のさまざまな生理的機能を調節してくれるところです。
スウェーデンの調査によると、体内時計に関わる遺伝子を調べた研究において、RORA遺伝子が臨床的にうつ病と関連していることがわかっています。
また、気分の浮き沈みの周期に関与している可能性があることが示唆されています(参考リンク1)

以上のように「rs12912233」は、気分の落ち込みやすさといった性格にも関係し、注目されているSNPの一つです。