ヒューマンエラーによるミス判定リスクを防ぐ弊社の取り組み

国際基準で定められた2回検査を行うダブルチェックの重要性

最近弊社の検査により他社の結果が覆されたケースが増えつつあります。
どうすれば信頼できる検査結果を確認できるのでしょうか?

DNA鑑定とはそもそも理論上100%という数値を得られることはありません。また複数の検体を同時に扱っている以上、検体の取り間違いなどの検査ミスにより血縁関係を誤って否定してしまうリスクが存在します。

しかし弊社では、2014年の開業以来、DNA鑑定おいて1件の判定ミスもございません。 今回は年間10,000個以上の検体を取り扱う弊社において、これまで判定ミスを起こさなかったポイント「再確認」の重要性を説明いたします。

被験者同士の親子関係を調べるためには、2日間複雑な検査工程を1つのミスも起こさず行う必要があります。仮に正しい生物学的親子であっても、検体の取り違えなどのミスによって別人の検体を用いて検査してしまうと、誤って否定の結果となってしまいます。
ヒューマンエラーを防止して、本当に血縁関係が無いことを確認するには、もう一度検査を行う「ダブルチェック」が重要です。
弊社では最初から2回検査ができる量の検体をご提供いただくので、ダブルチェックのために追加検体の提出や追加の費用などは一切不要です。

万が一、1回目の検査で下図のようにaとbの検体を取り違ってしまい、血縁関係が否定されてしまった場合も、もう一度検査を行うことにより1回目と同じミスを防ぐことができます。
作業量とコストが2倍になってしまうため、1回だけの検査で否定の結果を報告してしまう業者が多いですが、絶対に手を抜いてはいけない大切な作業です。

上記のように2回の検査を行うことでミスによって血縁関係を否定してしまう可能性は限りなく減らせることができますが、ゼロにはできません。
2回の検査で同じミスが起こり、被験者同士の血縁関係が否定される可能性は残るからです。

そこで、私たちの独自開発した「トリプルチェック」が役に立ちます。
毎回の検査で得られる全てのDNAプロフィールデータをデータベースに匿名化した状態で保管し、得られたDNAプロフィールに対して親子関係が成立するデータがあるか、最大過去10年間のDNAプロフィールデータと照会解析します。この作業によって得られたDNAプロフィールに重複が無いことを確認します。
弊社で行われる全ての親子鑑定に対してこのようなトリプルチェックを行います。

DNA鑑定は被験者だけではなく、周りの人々の人生に大きく関わる大事な検査です。
それでも、100%精度を保証することは不可能ではありますが、たった1回の検査ミスも起こさなかったこれまでの検査体制を守り、更なる高精度のDNA鑑定サービスを提供いたします。