注意すべきDNA鑑定業者とは

鑑定結果の信ぴょう性が低い鑑定業者を避ける

DNA型鑑定業者の現状のイメージ図

弊社では他のDNA鑑定業者による結果に不安を抱くお客様から再鑑定の依頼を受け、結果が覆るという事例が年に数件発生しております。

弊社は国際基準を超える父権肯定確率の結果報告を保証し、足立区や東京都より支援事業として認められるなどDNA鑑定の信頼向上に努めておりますが、一方で精度に問題のある鑑定業者が規制されていないのが現状です。

なかには金銭を目的とした悪質な業者がいるのも事実で、一般の方々がそれを見分けることは非常に困難であると思われます。

お客様ご自身、そして大切なご家族の人生を変える可能性のあるDNA鑑定は、必ず信頼できる鑑定機関に依頼してください。

具体的には下記のような業者を避けることをお勧めします。

  • 鑑定結果の「父権肯定確率」を示さない。
    親子鑑定の結果報告において、父権肯定確率を示さない鑑定は信ぴょう性に疑問があります。
  • 事実と異なる他社情報を記載。
    競合他社との比較において、事実ではないデータを掲載する悪質な事例が存在しています。
  • DNA鑑定の限界、リスクを説明しない
    DNA鑑定は必ずしも万能ではなく、鑑定結果を出すことができないケースがあります(検体の保存状態や損傷など)。そのような限界やリスクを説明することなく、100%結果を出せるようにうたう業者には注意が必要です。
  • DNA鑑定と関連のない英語論文や資料などをホームページ上で掲載。
    DNA鑑定とは何の関係のない論文リストをまるで自社の成果のように見せかけます。

信頼できる鑑定機関を探すポイント

  • 結果報告に父権肯定確率が明記されている
  • ホームページにDNA鑑定の限界やリスクの説明、ミス判定を防ぐための対策について明確な説明がある
  • 電話やメールによるお問い合わせに、迅速かつ丁寧な対応がある
  • 無料再鑑定や返金保証などの顧客サポートがある
  • 会社や自社ラボの見学希望を断らない
  • 行政からの支援実績がある

これらの内容を考慮いただいた上で、慎重に鑑定業者を比較検討してください。
その上で弊社をお選びいただいた際には、最高の鑑定精度とお客様サポートで、お客様のお悩みの解決に努めさせていただきます。

参考記事「父権肯定確率を明確に記載しない鑑定業者にご注意ください」