時間の余裕

時間の余裕は心の余裕

  • お知らせ

気付けばもう12月ですね。ちょっと前まで暑かったのに、紅葉の時期もいつの間にか終わり、寒空が広がっていますね。 12月は大掃除をしたりして身の回りを整える方が多いのではないでしょうか。弊社でも12月になると、年内にDNA鑑定を終わらせ、スッキリした気分で新年を迎えようと鑑定を依頼されるお客様が増えます。そして12月下旬になると、年内に結果がほしい、とおっしゃるお客様がほとんどになります。そのよう......

taiban

どうして血液で出生前血縁鑑定ができるの?

  • テクニカル情報

弊社では、妊娠中の女性の血液を用いて、被検者の男性が胎児の父親であるかを調べる「出生前血液DNA親子鑑定(NIPPT; Non-Invasive Prenatal Paternity Test)」という鑑定を行っています。https://seedna.co.jp/order/prenatal/blood-dna-test/この検査の原理は、出生前に胎児の特定の染色体疾患の有無を調べる新型出生前診断......

choice

鑑定項目紹介-血縁鑑定- ~調べたい被験者の関係性を整理しましょう~

  • テクニカル情報

弊社では親子関係、特に「出生前血液DNA型鑑定」、「DNA親子鑑定(父子)」のご依頼をよくいただきます。 これらの鑑定はいわゆる「子供の父親は誰か」を調べる鑑定となりますが、これ以外の血縁関係、たとえばきょうだい、祖父母、おじ/おばなどの血縁関係の有無を調べることも可能です。 一親等の血族以外の血縁関係を調べる方法としては、父親を調べる場合と同様の方法である常染色体上のDNA座を利用する方法と......

tax_rate

消費税率改正に伴うお知らせ

  • お知らせ
  • よく読まれている記事

seeDNAの鑑定をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2016年11月28日に公布された 「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」 (平成二十四年法律第六十八号)により、 2019年10月1日から、消費税率が現行の 8 %から 10 %に変更となることが確認されました。 これに伴い2019年10月1日から弊社......

uma_images

幻の生物を探して

  • お知らせ
  • よく読まれている記事

未確認生物(UMA)といえば、皆様は何を思い浮かべますか? UMAとは、目撃談や噂などでその存在が主張はされていますが、生物学的には確認されていない未知の動物のことです。有名なのはツチノコや雪男などでしょうか。 今回は、数多く噂されているUMAのうち、ネッシーに注目してみます。 ネッシーとは、イギリスはスコットランドにあるネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loc......

出生前のDNA鑑定で父親が確認できる?

お母様の血液を用いた出生前親子鑑定で父親が確認できる?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

出生まであっても母親の血液や羊水により親子鑑定ができます。DNA鑑定に比べると精度は低いものの安全に血縁関係を確認できます。......

DNA鑑定をするには。誰でもカンタン、低価格

最近よく聞くようになったけど、新聞、テレビでしか馴染みがなかったDNA型鑑定。 いざDNA型鑑定を申し込もうとしても、わからないことでいっぱいだったり不安だったりするかと思います。周囲に相談することができず、ひとりで悩み、苦しまれている方が多いようです。 「DNA型鑑定するには何が必要なの?」 「DNA型鑑定にはどんな種類があるの?」 「どの程度の費用と期間がかかるの?」 s......

a_or_b

鑑定項目紹介-同一人鑑定- ~お客様のニーズに寄り添うために~

  • テクニカル情報

鑑定項目紹介-同一人鑑定- ~お客様のニーズに寄り添うために~ 弊社ではよく浮気調査や異物混入などの原因を突き止めたい、という要望を受けまして「同一人鑑定」という鑑定サービスを扱っております。 この「同一人鑑定」というものは、基本的には検体Aと検体Bは同じ人物に由来するのか、そうでないかを調べる鑑定となります。 同一人鑑定の進め方は主に以下の2通りとなります。 ......

document_syorui_fuutou

結果報告書の見方(一般血縁鑑定;STR)

  • テクニカル情報

結果報告書の見方(一般血縁鑑定;STR) 弊社の一般血縁鑑定の結果報告書の1枚目には結果の報告文として以下のような表現を用いております(父子鑑定を例としています)。 肯定) AはBの生物学的な父として排除されません。 否定) AはBの生物学的な父として排除されます。 この文章だけをお客様がご覧になっても、なかなか鑑定結果を理解できないものだと思います。実際に、結果報告書......

airplane

ルーツをたどる旅

  • よく読まれている記事

新潟・山形地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 ルーツをたどる旅 皆様は、旅行はお好きですか?私は好きで、よく海外に行くのですが、だんだんと目的地が同じような場所になり、少し物足りなくなってきました。そんな時、Airbnbという世界最大手民泊仲介サイトが、遺伝子鑑定を専門とする23andMeと提携し、ゲストが自分のルーツを訪ねる「ヘリテージ旅行」のサービスを開始する、......

フジテレビの「レディース有吉」で弊社の鑑定をご利用いただきました

  • お知らせ

2019年7月16日(火)に放送された、フジテレビの「レディース有吉」にて弊社の鑑定をご利用いただき、弊社が実施している鑑定サービスの一部(同一人鑑定)を紹介させていただきました。 (「DNA型鑑定で浮気調査をする女性が増えているらしい」 という題目でした) ①正確に言いますと、「複数人のDNAの混在が見られます」=「浮気確定」ではございませんのでご注意......

people10

不妊治療の闇 → 不妊治療の闇を解決できるDNA鑑定

  • よく読まれている記事

先月、オランダの医師が、患者に許可なく体外受精で自身の精子を使用し、49人の子どもを産ませていたことが明らかになりました。 事の発端は、オランダの不妊治療クリニックで院長をしていたヤン・カールバート氏が生前、約60人の子どもの父親になったことを認めたという報道でした。 このクリニックは、分析結果やドナー情報の改ざんなどの不正疑惑が浮上し、2009年に閉鎖されました。そして2017年、カ......

nayami

「自社ラボ」見てみますか?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

5月の末日、以下のようなニュースが某有名ニュースサイトに掲載されていました。 “ベルギー前国王のアルベール2世は、娘だと主張する女性に認知を求めて訴えられたことを受け、DNA鑑定用のサンプルを提出した。” そう、もう国王ですら必要であればDNA型鑑定を求められる時代なのです。 これはつまり、血縁関係のことで不安や悩みを抱えているのであれば、どなたでもDNA型鑑定を......

dental_brush

カスタマーサポートのつぶやき ~豆知識~

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

現在DNA型鑑定を行っている会社が増え、中には通販サイトで簡易キットが売られているのを目にするようになりました。弊社でも検体採取キットを出品していますが、お問い合わせの中には、通販サイトで買えるキットは信用できるものなのかとご質問いただくことがあります。 他社様の商品であったため明確な回答はできませんでしたが、弊社では我々カスタマーサポートが、日々のご相談やご質問にお応えさせていただいて......

DNA signal

自分のDNAを自分で編集する日々がやってくる?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

昨年の11月、中国にて「遺伝子編集された赤ちゃんが誕生した」というニュースが世界中を駆け巡りました。 その後、研究責任者が失踪し、肝心の赤ちゃんの方はでっち上げとも噂されましたが、実際に国の法律で禁止されている生殖を目的とした人の受精卵のDNA編集が行われ、双子の赤ちゃんが誕生していることを調査チームが確認したといいます。 DNA編集に関わる他のニュースとしては、元NASA......

春は短し恋せよ乙女

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

寒かった日々が過ぎ去り、陽光暖かい春がやって来ました。春といえば、出会いの季節ですよね。 巷では、街コンに始まり、婚活ビジネスが様々な方面で広がりを見せています。その中で、今回は「DNA婚活」について見ていきたいと思います。 「DNA婚活」では、男女間の「HLA遺伝子」の型を比較することで相性の良さを調べています。 HLA遺伝子とは、免疫をつかさどっている遺伝子で、一万以上の型(......

fatness

人間を進化させた良い遺伝子の裏切り

  • よく読まれている記事

人類は長い道のりを歩んできました。初期の人類は生存することに集中しなければなりませんでした。狩りをしなければ何も食べられず、より強い動物からの絶え間ない脅威にさらされてきました。その中でも強い者のみが生き残り、その優れた遺伝子は今日の私たちに受け継がれています。 しかし、その優れた遺伝子が今の人類にとって弱点だとしたらどうでしょう? ゴールドマン博士の著書「Too Much of a......

pregnant

離婚後300日問題

  • よく読まれている記事

離婚後300日問題をご存じでしょうか? 離婚して300日以内に子供が産まれると、前夫の子となってしまう問題です。離婚後の300日問題とは、離婚が成立してから300日以内に妊娠・出産した子供は、前の夫の子供と推定する法律(民法第772条)によって、起こっている様々な問題を指しています。 民法第772条について以下に引用します。 (嫡出の推定) 第七百七十二条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫......

DNA

DNAと遺伝子ってどう違うのですか?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

DNA型鑑定の業務に携わっていますと、「DNA」という言葉と「遺伝子」という言葉を混同してしまっている方はとても多いものと日々感じています。専門的に学んだ方以外で、しっかりと各々の言葉の意味を伝えることができる人はあまりいないのではないでしょうか。ここで一度振り返ってみたいと思います。 DNAというものは,デオキシリボース(糖),リン酸,塩基からなるヌクレオチドが多数つながっ......

cigaret

タバコについて

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

ほんの十数年前と今を比べると、消費者の商品入手経路や購入物の選択肢って増えましたよね。 買い物の手段って、一昔前は対面販売か、電話やハガキでの通信販売くらいしかなかったように思います。 例えば本を買うとなった場合、本屋さんで買う、通信販売で買う、インターネットショッピングで買う、新品の本を買う、中古の本を買う、書籍データとして買うなど、多くの選択を知らず知らずの内にしているのだなと、ふと思......

新しいDNA鑑定法が平和を守る!?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

昨年、40年近く未解決のままであったアメリカの連続殺人事件の犯人が逮捕されました。この逮捕には、「最新」のDNA型鑑定技術が大きく関わっています。 これまでのDNA型鑑定は、現場で見つかったDNAサンプルより得られたデータを、容疑者のDNAデータや犯罪者のDNAデータベースと直接比較し、完全に一致するのを確認することで犯人を特定する方法(同一人鑑定)でした。 これに対し......

美勇士氏と乃羅氏のDNA鑑定について

  • よく読まれている記事

最近「自分は桑名正博の息子だ」と名乗る乃羅(のら)氏なる男性が現れ、2月25日に報道されたDNA兄弟鑑定の結果は、「美勇士氏と乃羅氏は95%兄弟ではない」というものでした。 http://news.livedoor.com/article/detail/16074931/ 95%というのは、「血縁関係は全くない」と言ってよい数字であると鑑定機関からの報告があり、これで、世間としては「あ......

新ロゴ_小サイズ

seeDNAのロゴ変更につきまして

  • お知らせ

2019年3月1日より、新しい seeDNA のロゴを決定、順次使用開始致します。 移行期間中につき一部の書類やWebページに旧ロゴも使用しておりますが、どちらも株式会社seeDNAのロゴになります。 従来のロゴマークにも増して、末永く皆様に愛され親しんで頂けるよう努力して参ります。新しいロゴを宜しくお願いいたします。 ......

ホンマでっか!?TV.ts_snapshot_03.56_[2019.02.26_22.12.37]

フジテレビのホンマでっか !? TVに弊社の代表が出演

  • お知らせ

2019年2月6日(水)に、 フジテレビの「ホンマでっか!?TV」に弊社の代表が出演し 、出生前DNA型鑑定のサービスを一部紹介させていただきました。 (男性の髪の毛1本だけで、妊娠7週目以降の胎児と親子関係を確認できちゃいます!!) DNA型鑑定とは被験者間のDNAプロフィールを比較する鑑定なので、ある男性と胎児の血縁関係を確認するためには......

黄泉がえり~あの幸せな日々をもう一度~

  • よく読まれている記事

 寒い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。  以前、韓国でクローン犬を作っている会社があると話題になりました。クローンを作りたい犬の皮膚などをその会社に送ると、1匹につき10万ドルでクローン犬が手に入るそうです。  その会社とは、スアム生命工学研究院というところなのですが、犬のクローニング技術に関しては世界一と言っても過言ではありません。  クローン犬......

正確な検体採取・返送の重要性

  • テクニカル情報

裁判や入局管理局に提出するために検体採取や書類作成まで専門のスタッフが立ち会って行う法的鑑定に比べ、自宅で検体採取ができる私的DNA型鑑定は必要な書類も比較的少なく、誰でも電話1本で申し込むことができます。 しかし、ご自身で検体採取を行うため、正しく採取されないとDNAの汚染を引き起こし正しい鑑定ができない可能性もあります。 検体が汚染されている、または必要なDNA量が得ら......

正しい血液検体の返送方法

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

弊社では、毎日お客様のご注文に合わせて検体採取キットを作成し発送しています。 そんな中、最近お客様からのお問い合わせで多いものが出生前血液DNA型鑑定の血液の返送方法に関するものです。 胎児のDNAが含まれているお母様の血液はとてもデリケートです。 そのため弊社からお客様へお送りする検体採取キットの中には、返送の際に血液の品質を守るために保冷剤をお付けしています。......

seeDNAカスタマーサポートのつぶやき

  • よく読まれている記事

日々お客様対応をしている者として感じるのは、みなさま様々なご事情やお悩みを抱えて弊社サービスのお申し込みをご検討され、実際に鑑定に進んでいただいているということです。 父子鑑定などの出生後の血縁鑑定は1990年代に比べ1/10まで安くなり、弊社では19,800円~(税抜)で最も正確な血縁関係が調べられるようになりましたが、出生前DNA型鑑定は最低でも135,000円~(税抜)と、決して安......

DNA鑑定による最高の親孝行

  • よく読まれている記事

先日、仕事が終わり家に帰ってからテレビをつけると「新生児の取り違え」に関するドキュメンタリーを放送していました。 72歳の母と55歳の子からなる母子家庭において、母より子に初めて「私は本当の母ではない」と伝えられたそうです。 子は毎年、母に誕生日プレゼントを送っており、常に「産んでくれてありがとう」とメッセージを付していました。 一体どんな気持ちで母は受け取っていたのでしょうか。......

目に見えないものって ~seeDNA従業員のつぶやき~

  • よく読まれている記事

突然ですけれども、皆様は占いを信じますか?  私は割と信じる方で、朝のテレビ番組などでは、ついついチェックしてしまいます。 心なしか、私の星座はいつもランキングの下位の方にいる気がして、少し残念な気持ちのまま、出かける事が多いです。 ランキングが低いと、運気を上げるためのラッキーアイテムの紹介をしてくれるのですが、「今日のラッキーアイテムは下駄です!」なんて力強く言われてしまった......

1 / 5123.»