新型コロナウィルスPCR検査キット

新型コロナウィルス(COVID-19)PCR検査キット販売のお知らせ

  • お知らせ

医療者限定の「新型コロナCOVID-19セルフ検査キット」を、5月25日より提供させていただきます。 「新型コロナウィルスセルフ検査キット」は、ご自身で検体採取ができる医療者、又は医療者により検体採取ができる医療機関関係者の方が、安心して医療活動を行えるようにサポートすることを目的とします。 冷え込んでいる日韓交流の一環として韓国最大臨床検査機関である財団法人Seoul C......

bloodsampling

出生前DNA鑑定の採血、妊娠7週目未満でもいい?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

答えは、「妊娠7週目未満の血液はダメ」です。 出生前鑑定では、妊娠中の女性の血液中に含まれる胎児のDNAと男性のDNAを比較し、その男性が胎児の生物学的な父親かどうかを調べています。一般的に、妊娠6週目から胎児のDNAが母親の血液中に流れ始め、妊娠期間に比例して血液中の胎児のDNA量が増えていき、妊娠14週目以降はほぼ一定になると言われています。 突然ですが、ここで問題です......

image001

始まりの季節

  • よく読まれている記事

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっていますが、体調はいかがでしょうか。欧米諸国の感染拡大の様子をみていると、明日は我が身かと不安になりますよね。暗いニュースばかりで気が滅入るので、たまには楽しいニュースも聞きたいですよね。 私は楽しみにしていたライブも飲み会も全てなくなり、今の楽しみといえば、4月から新しく始まるドラマくらいしかありません(泣)。私が注目しているのは、田中......

shutterstock_1563417133

肯定の結果で鑑定ミスはありえない?

  • テクニカル情報

一般的な父子鑑定や出生前DNA鑑定では「父権肯定確率」という値で血縁関係が肯定か、否定かを判断いたしますが、この値が99.9%以上の肯定の結果となる場合、鑑定ミスの可能性をほぼ排除することができます。 (DNA鑑定は理論上100%の父権肯定確率は得られません) というのも、肯定の結果の場合、以下の可能性が排除されるためです。 (以下のことが万が一にも起きた場合、結果は全て否定......

tearai

新型コロナウィルス(COVID-19)に対する弊社の対応について

  • お知らせ

株式会社seeDNA法医学研究所では、日本政府より指定感染症に指定された新型コロナウィルス(COVID-19)による感染拡大に備え、 事業継続ならびに、社員とそのご家族およびお客様等関係するすべての皆様の安全確保を目的に、下記の対応策を全社員で共有しております。 来社されるお客様、取引先の皆様におかれましては、ご不便をお掛けしますが、ご理解ご協力賜りますよう、宜しくお願い致しま......

dog_poo_pets

犬のフンを放置したのはだれ?

  • よく読まれている記事

路上に放置された犬のフンを見たことはありませんか?ぼーっと歩いていると踏みそうになったりして危ないですよね。 散歩中の犬のフンを掃除せずに放置する飼い主は、国内だけでなく海外諸国にも存在し、問題となっています。その問題を解決しようと各地域の自治体などが様々な取り組みを見せていますが、無責任な飼い主を根絶することは難しいようです。 そこで、アメリカのBioPet Labora......

内容確定

注文・お申込み方法

注文ページ 注文ページでオプションを選択後、同意書をご確認の上、同意書のチェックボックスにチェックを入れ、「お申込み」ボタンを押してください。 *同意書のチェックボックスにチェックのご入力が無い場合、進行不可となりますのでご注意ください。 確認と入力 ① お申込み内容 選択したオプションなどに問題が無いことをご確認後、「次へ」ボタンを押してください。 *表示されている価格は......

others_dna

自分の体から他人のDNAが!?

  • よく読まれている記事

自分の体から他人のDNAが検出される、なんてことはあるのでしょうか?基本的にはあり得ないことですが、輸血歴や骨髄移植歴のある方にとっては、あり得ない話ではないのです。 輸血を受けてすぐに採血すると、「血液を提供してくれた人のDNAが血液中に混ざっているのだろうな」というのはなんとなく想像できますよね。 輸血を受けた場合、DNA鑑定を行って結果に影響が出るのは、基本的に血液を検体としてご提出いた......

login

検査の進行状況や結果はマイページにてご確認ください。

受付完了のお知らせメールからメンバーページにアクセス お申し込み後、弊社で確認し受付完了しましたら「seeDNA:受付完了のお知らせ」というメールがお客様に届きます。 そのメールの文中にあるURLをクリックしていただくことで、メンバーページのパスワード登録へ進むことができます。 また、パスワード登録後にログインしていただくときに必要になるログインIDを記載していますので大切に保管してくだ......

弊社がマスメディアに取り上げられた記事

  • お知らせ

「出生前に親子鑑定」弊社出生前DNA鑑定の毎日新聞記事 ■ 2020/01/16付 毎日新聞 朝刊で取り上げられました! 毎日新聞2020年1月16日付 熱狂ゲノム 第2部広がる遺伝子検査・3 弊社で扱っているサービスである、「出生前DNA鑑定」がこちらの記事で取り上げられました。 自社ラボ内の様子も掲載していただいております。 (倫理的な問題もあるかとは思いますが、)女性の選......

ネッシーの正体

ネッシーの正体

  • お知らせ
  • よく読まれている記事

ネッシーの正体とは 先日、「幻の生物を探して」という記事で、2018年に始動した、DNA鑑定を用いてネッシーの正体を解明する試みを紹介しましたが、ついにその結果が発表されました。 ネッシーとは、1934年以降に多くの目撃例が報告されてきた未確認生物です。その正体については、首長竜の生き残りや巨大魚などと言われてきました。しかし、目撃証言や写真の多くが、既知の生物や自然現象を誤認したもの、捏......

suuji

父権肯定確率を明確に記載しない鑑定業者にご注意ください

  • お知らせ

出生前DNA鑑定において結果報告書に父権肯定確率を明確に示さない会社があります。 父権肯定確率とは?はこちらから そして、このような仲介業者やクリニックの出生前DNA鑑定の結果が、後日受けた弊社での出生前DNA鑑定によって結果が覆った件が2019年に弊社で確認されただけで十数件ありました。 この業者の下で出生前DNA鑑定を受けたお客様の鑑定結果がすべて覆ったわけではございませんが、十分な精度......

時間の余裕

時間の余裕は心の余裕

  • お知らせ

気付けばもう12月ですね。ちょっと前まで暑かったのに、紅葉の時期もいつの間にか終わり、寒空が広がっていますね。 12月は大掃除をしたりして身の回りを整える方が多いのではないでしょうか。弊社でも12月になると、年内にDNA鑑定を終わらせ、スッキリした気分で新年を迎えようと鑑定を依頼されるお客様が増えます。そして12月下旬になると、年内に結果がほしい、とおっしゃるお客様がほとんどになります。そのよう......

taiban

どうして血液で出生前血縁鑑定ができるの?

  • テクニカル情報

弊社では、妊娠中の女性の血液を用いて、被検者の男性が胎児の父親であるかを調べる「出生前血液DNA親子鑑定(NIPPT; Non-Invasive Prenatal Paternity Test)」という鑑定を行っています。https://seedna.co.jp/order/prenatal/blood-dna-test/この検査の原理は、出生前に胎児の特定の染色体疾患の有無を調べる新型出生前診断......

choice

鑑定項目紹介-血縁鑑定- ~調べたい被験者の関係性を整理しましょう~

  • テクニカル情報

弊社では親子関係、特に「出生前血液DNA型鑑定」、「DNA親子鑑定(父子)」のご依頼をよくいただきます。 これらの鑑定はいわゆる「子供の父親は誰か」を調べる鑑定となりますが、これ以外の血縁関係、たとえばきょうだい、祖父母、おじ/おばなどの血縁関係の有無を調べることも可能です。 一親等の血族以外の血縁関係を調べる方法としては、父親を調べる場合と同様の方法である常染色体上のDNA座を利用する方法と......

tax_rate

消費税率改正に伴うお知らせ

seeDNAの鑑定をご利用いただき、誠にありがとうございます。 2016年11月28日に公布された 「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律」 (平成二十四年法律第六十八号)により、 2019年10月1日から、消費税率が現行の 8 %から 10 %に変更となることが確認されました。 これに伴い2019年10月1日から弊社......

uma_images

幻の生物を探して

  • お知らせ
  • よく読まれている記事

未確認生物(UMA)といえば、皆様は何を思い浮かべますか? UMAとは、目撃談や噂などでその存在が主張はされていますが、生物学的には確認されていない未知の動物のことです。有名なのはツチノコや雪男などでしょうか。 今回は、数多く噂されているUMAのうち、ネッシーに注目してみます。 ネッシーとは、イギリスはスコットランドにあるネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loc......

出生前のDNA鑑定で父親が確認できる?

お母様の血液を用いた出生前親子鑑定で父親が確認できる?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

出生まであっても母親の血液や羊水により親子鑑定ができます。DNA鑑定に比べると精度は低いものの安全に血縁関係を確認できます。......

DNA鑑定をするには。誰でもカンタン、低価格

最近よく聞くようになったけど、新聞、テレビでしか馴染みがなかったDNA型鑑定。 いざDNA型鑑定を申し込もうとしても、わからないことでいっぱいだったり不安だったりするかと思います。周囲に相談することができず、ひとりで悩み、苦しまれている方が多いようです。 「DNA型鑑定するには何が必要なの?」 「DNA型鑑定にはどんな種類があるの?」 「どの程度の費用と期間がかかるの?」 s......

a_or_b

鑑定項目紹介-同一人鑑定- ~お客様のニーズに寄り添うために~

  • テクニカル情報

鑑定項目紹介-同一人鑑定- ~お客様のニーズに寄り添うために~ 弊社ではよく浮気調査や異物混入などの原因を突き止めたい、という要望を受けまして「同一人鑑定」という鑑定サービスを扱っております。 この「同一人鑑定」というものは、基本的には検体Aと検体Bは同じ人物に由来するのか、そうでないかを調べる鑑定となります。 同一人鑑定の進め方は主に以下の2通りとなります。 ......

document_syorui_fuutou

結果報告書の見方(一般血縁鑑定;STR)

  • テクニカル情報

結果報告書の見方(一般血縁鑑定;STR) 弊社の一般血縁鑑定の結果報告書の1枚目には結果の報告文として以下のような表現を用いております(父子鑑定を例としています)。 肯定) AはBの生物学的な父として排除されません。 否定) AはBの生物学的な父として排除されます。 この文章だけをお客様がご覧になっても、なかなか鑑定結果を理解できないものだと思います。実際に、結果報告書......

airplane

ルーツをたどる旅

  • よく読まれている記事

新潟・山形地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 ルーツをたどる旅 皆様は、旅行はお好きですか?私は好きで、よく海外に行くのですが、だんだんと目的地が同じような場所になり、少し物足りなくなってきました。そんな時、Airbnbという世界最大手民泊仲介サイトが、遺伝子鑑定を専門とする23andMeと提携し、ゲストが自分のルーツを訪ねる「ヘリテージ旅行」のサービスを開始する、......

フジテレビの「レディース有吉」で弊社の鑑定をご利用いただきました

  • お知らせ

2019年7月16日(火)に放送された、フジテレビの「レディース有吉」にて弊社の鑑定をご利用いただき、弊社が実施している鑑定サービスの一部(同一人鑑定)を紹介させていただきました。 (「DNA型鑑定で浮気調査をする女性が増えているらしい」 という題目でした) ①正確には、「複数人のDNAの混在が見られます」=「浮気確定」ではございませんのでご注意ください......

partner_hospitals

採血できる提携病院の紹介 ~出生前血液DNA鑑定をスムーズに!~

  • お知らせ

母体の血液を用いて胎児のDNA親子鑑定ができるようになって6年程度が経過しましたが、未だに多くの方が不安に感じているのが採血方法についてだと思います。 「国内で出生前血液DNA鑑定を完結させる」ことが弊社の理念ですので、こちらのサービスを提供するにあたって、鑑定に必須となるお客様の採血をスムーズに行うために、日々、提携病院の新規開拓を行っております。 現在では、私たちseeDNAは全国100カ......

people10

不妊治療の闇 → 不妊治療の闇を解決できるDNA鑑定

  • よく読まれている記事

先月、オランダの医師が、患者に許可なく体外受精で自身の精子を使用し、49人の子どもを産ませていたことが明らかになりました。 事の発端は、オランダの不妊治療クリニックで院長をしていたヤン・カールバート氏が生前、約60人の子どもの父親になったことを認めたという報道でした。 このクリニックは、分析結果やドナー情報の改ざんなどの不正疑惑が浮上し、2009年に閉鎖されました。そして2017年、カ......

nayami

「自社ラボ」見てみますか?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

5月の末日、以下のようなニュースが某有名ニュースサイトに掲載されていました。 “ベルギー前国王のアルベール2世は、娘だと主張する女性に認知を求めて訴えられたことを受け、DNA鑑定用のサンプルを提出した。” そう、もう国王ですら必要であればDNA型鑑定を求められる時代なのです。 これはつまり、血縁関係のことで不安や悩みを抱えているのであれば、どなたでもDNA型鑑定を......

dental_brush

カスタマーサポートのつぶやき ~豆知識~

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

現在DNA型鑑定を行っている会社が増え、中には通販サイトで簡易キットが売られているのを目にするようになりました。弊社でも検体採取キットを出品していますが、お問い合わせの中には、通販サイトで買えるキットは信用できるものなのかとご質問いただくことがあります。 他社様の商品であったため明確な回答はできませんでしたが、弊社では我々カスタマーサポートが、日々のご相談やご質問にお応えさせていただいて......

DNA signal

自分のDNAを自分で編集する日々がやってくる?

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

昨年の11月、中国にて「遺伝子編集された赤ちゃんが誕生した」というニュースが世界中を駆け巡りました。 その後、研究責任者が失踪し、肝心の赤ちゃんの方はでっち上げとも噂されましたが、実際に国の法律で禁止されている生殖を目的とした人の受精卵のDNA編集が行われ、双子の赤ちゃんが誕生していることを調査チームが確認したといいます。 DNA編集に関わる他のニュースとしては、元NASA......

春は短し恋せよ乙女

  • テクニカル情報
  • よく読まれている記事

寒かった日々が過ぎ去り、陽光暖かい春がやって来ました。春といえば、出会いの季節ですよね。 巷では、街コンに始まり、婚活ビジネスが様々な方面で広がりを見せています。その中で、今回は「DNA婚活」について見ていきたいと思います。 「DNA婚活」では、男女間の「HLA遺伝子」の型を比較することで相性の良さを調べています。 HLA遺伝子とは、免疫をつかさどっている遺伝子で、一万以上の型(......

fatness

人間を進化させた良い遺伝子の裏切り

  • よく読まれている記事

人類は長い道のりを歩んできました。初期の人類は生存することに集中しなければなりませんでした。狩りをしなければ何も食べられず、より強い動物からの絶え間ない脅威にさらされてきました。その中でも強い者のみが生き残り、その優れた遺伝子は今日の私たちに受け継がれています。 しかし、その優れた遺伝子が今の人類にとって弱点だとしたらどうでしょう? ゴールドマン博士の著書「Too Much of a......