代表ごあいさつ

代表の紹介

2003年に文部科学省の国費留学生として来日してから、人間の免疫にかかわる遺伝子の発現と薬のメカニズムを研究しました。
2010年に大学で研究している際、生まれた娘のDNA型鑑定を自分で行ったのがきっかけで法科学を初体験しました。
病院での取り間違いが疑われる状況であったうえに、生まれてきたばかりの赤ちゃんの顔つきが余りにも綺麗だったので、当時のボスと家内に勧められて行った鑑定ではありますが、無事自分の子であることを自分の手で確認することができました。
掛け替えのない家族の絆を守るためにDNA型鑑定という技術がどれ程有効なツールなのかを実感しました。

血縁関係で悩む全てのお客様が安心してDNA型鑑定ができるように2014年に(株)seeDNAの前身となる(合)seeDNAを立ち上げました。
弊社にご依頼いただく全てのお客様にとってどれだけ大事な鑑定なのかを身をもって体験しています。
これまで判定ミスがなかったように、これからもたった1件の判定ミスも起こさないようしっかりと体制を整え鑑定を行ってまいります。

経歴
2003年~2010年
筑波大学、生体統御・分子情報医学修士/博士課程卒業
2008年~2010年
東京大学、分子細胞研究所研究員
2010年~2013年
ソウル大学、Biocon主任研究員
2014年
合同会社seeDNA設立
2015年
ペプチドリーム研究員
2016年
株式会社seeDNA代表取締役就任

親バカと言われるのが大好きな元ロン毛のマッチョマン。
英語、韓国語が流暢に喋れる(今のところ中国語は簡単な挨拶程度ですが、来年まではビジネス会話ができるように猛練習中)。
既存の鑑定感度を3倍ほど改善した出生前DNA型鑑定方法を開発し、国内だけではなくアメリカ、中国、韓国で鑑定サービスを行っています。
会社の経営者としての活動がメインになりましたが、いつまでも科学者として在りたいと思っております。
seeDNA代表 金起範