鑑定可能な特殊検体

当社の鑑定においては、通常ほおの内側の細胞(口腔上皮)を検査用の綿棒で採取したものを用いて行います。この方法が確実にDNAを採取できるため、可能な限り口腔上皮による鑑定をおすすめしております。

しかし、口腔上皮以外の「特殊検体」につきましても、当社のほぼ全ての鑑定において利用が可能です。特殊検体の場合でも、正常なDNAが含まれていればほぼ100%の確率で検査結果が得ることが可能です。

2019年~2020年 DNA鑑定における特殊検体成功率
2019年~2020年 DNA鑑定における特殊検体成功率

一般的な親子鑑定で特殊検体を使用できるのは、他社でもよくあるサービスですが、当社は妊娠中の親子鑑定で特殊検体の使用が可能、かつ国際基準を上回る父権肯定確率で結果報告ができる鑑定機関です。
また、口腔上皮はロボットによる自動化検査が可能ですが、特殊検体は全て検査員による手作業となるため、追加の時間と費用が発生いたします。

特殊検体の種類と採取方法、1検体あたりの追加期間・費用(税込)

検体の種類 採取方法 鑑定期間 1検体あたりの追加費用(税込み)
通常 口腔上皮 ほおの内側を満遍なくタテヨコ10往復擦った綿棒 (滅菌状態の綿棒は郵送するDNA型鑑定キットに含まれています) +0日
特殊 血液 採血しEDTA処理された血液0.1ml以上 +2日 33,000円
精液 精液が付いているティッシュペーパー、コンドーム、布など +4日 33,000円
タバコの吸殻、紙コップ タバコの吸殻は3本以上(出生前DNA鑑定は9本)
室温で、乾燥状態の保存が望ましい
+3日 33,000円
毛髪・体毛 毛根が付いている髪又は体毛3本以上 (5本以上が望ましい、自然に抜けた毛髪は不可) +3日 33,000円
血痕 直径1cm以上の血液が付いているティッシュペーパー、コンドーム、布、ナプキンなど +4日 33,000円
歯ブラシ 3回以上使用され、自然に乾燥されているもの (UV殺菌器具の中で保管されたものは不可) +4日 33,000円
爪切りなどで切った0.5cm以上の爪5ピース以上 +7日 33,000円
へその緒 乾燥状態のへその緒 (長さ3cm以上が望ましい) +5日 33,000円
耳垢 2mg以上の耳垢が付いている耳かき、綿棒など +3日 33,000円
ガム シュガーレス又は5分以上噛んだガムを素手で触らず採取 +3日 33,000円
鼻水 鼻をかんだティッシュペーパー +3日 33,000円
割り箸 食事に使われてから、そのまま空気中で乾燥されたもの +3日 33,000円
抜歯した歯 +3週間 77,000円
(相談)
その他 組織切片、電気シェーバーのヘッドなど +2日~4週間 相談

再鑑定にならないために

下記の表は、出生前DNA鑑定に使用された主な特殊検体の件数(30件を超えるもの)と、再鑑定率を示しております。

主な特殊検体の件数と再鑑定数、再鑑定率について

検体の種類 件数 再鑑定数 再鑑定率(%)
歯ブラシ 154 12 7.8
毛髪 35 7 20.0
精液 59 13 22.0

鑑定の成功率が下がり再鑑定となる原因としては、検体に別人のDNAが混入している、直射日光によるDNAの分解、汚れや湿度などによる細菌の繁殖など、ご提出いただく検体の保存状態によるものとなります。
このような再鑑定となるリスクを出来る限り避けるために、特殊検体を用いた鑑定では、何よりも当社に返送される前の状態が大切なものとなります。
これら特殊検体は、検体を乾燥させ、直射日光の当たらない冷暗所に保管していただくか、一日でも早く当社へご返送いただくことをお願いしております。

最後に

当社では特殊検体による鑑定につきましても、同意書に被験者全員の自筆署名が必要となります。予めご承知おきください(被験者が未成年者の場合は親権者による代筆となります)。

お困りのお客様のお力になれるよう、当社では月曜日から日曜日まで、祝日をのぞく毎日お客様サポートを行っております。

「この検体って使えるかな?」と思ったら、まずはお気軽にお問合せください。