法科学 遺伝子検査(精液)

法科学 遺伝子検査(精液)
精液鑑定キット

アメリカのFBI(連邦捜査局)やCSI(科学捜査班)でも使われる最新の精液鑑定テクニックを導入しました。

衣服や、ティッシュペーパーなどに付着しているものが、人間の男性の精液なのかどうかを精液鑑定により判定できます。

分子生物学的手法:短時間でごく微量の精液(最低0.001ml)でも確認できます。
正確に男性の精液を判別できる検出法です。

動物の精液やヒトの唾液などとヒトの精液を完全に判別することができます。

お申し込みの際は、弊社からDNA型鑑定キットをお送りいたしますので、衣服などの検体を丸ごと送るか、シミの付いている部位だけを大きく切り取って弊社にご返送ください。
検体は結果報告の7日後処分しますので、ご返送をご希望の場合は鑑定をご依頼の際にお伝えください。着払いにて返送いたします。

※ 最低0.005mlの精液が付着していない場合、DNA保存するための処理を行っても同一人鑑定ができない場合がございます。

※ 実際にDNA型鑑定を行うまではDNAが保存されたのかの確認がとれないため、同一人鑑定の結果が得られないこともあります。予めご了承ください。
尚、DNA保存を依頼されてから精液でないと判定されても、鑑定方法の違いによるオプションなので返金はいたしかねます。

法科学 遺伝子検査(精液)の
費用・期間(税込)

費用 基本料金:21,780円(1個)
以降1個追加ごとに +16,500円
期間 通常:3日
スピード:1日 +3,300円

※鑑定期間は土日祝日を除く平日のみをカウントした日数です。

※料金は全て税込です

法科学 遺伝子検査(精液)の流れ

Step

お申し込み

Step

キット送付

Step

検体採取・返送

Step

結果報告