妊娠中の胎児 (羊水/絨毛膜)DNA鑑定

母の羊水・絨毛膜を用いた胎児のDNA型鑑定

妊娠中のお母様の羊水又は絨毛膜と、
父とされる男性の髪の毛、タバコの吸殻、歯ブラシ、剃刀、口腔上皮などで胎児との親子関係を確認するDNA型鑑定です。

母体の血液を使用しない出生前DNA親子鑑定としては、中絶手術後の胎児(摘出物)を用いたDNA型鑑定と、羊水/絨毛膜を用いた出生前羊水DNA親子鑑定の2種類があります。

出生前羊水/絨毛膜DNA親子鑑定は、産婦人科での羊水/絨毛膜の採取に10万円ほどの追加費用がかかります。

さらに、赤ちゃんに障害を与える危険があるため、血縁鑑定を目的とした施術が可能な産婦人科は決して多くありません。
人工妊娠中絶後の摘出物の一部、又は、繋留流産での分泌物などを用いて鑑定を行うのが一般的です。

妊娠7週目以降から鑑定が可能ですので、妊娠週数の判断に<妊娠週数計算>ご参考ください。

妊娠週数計算

入金確認後1営業日以内にキットを発送いたします。
届いたキットを用いて近くの病院で羊水又は絨毛膜を採取し、弊社に郵送してください。

妊娠中の胎児 DNA鑑定(羊水/絨毛膜)の費用・期間(税込み)

DNA鑑定の種類 私的鑑定 法的鑑定
費用 104,280円

妊娠中の胎児 DNA鑑定(羊水/絨毛膜)私的 お申込画面へ進む

148,280円

妊娠中の胎児 DNA鑑定(羊水/絨毛膜)法的 お申込画面へ進む

期間 通常:10日
スピード:5日 +19,800円
お申込み

※鑑定期間は土日祝日を除く平日のみをカウントした日数です。

※親子関係の結果が「否定」の場合は、検体の取り間違いなど検査ミスを防ぐため、追加の費用・検体無しでもう一度検査を行います(ダブルチェック)。そのため結果報告日に幅が生じます。

※料金は全て、検体採取キットの往復送料を含む税込の費用です。

                        
スピード鑑定 5日(+19,800円)
検査する擬父の人数

私的鑑定

母+男1人:+104,280円
母+男2人:+126,280円
母+男3人:+148,280円

法的鑑定

母+男1人:+148,280円
母+男2人:+170,280円
母+男3人:+192,280円
弊社指定の綿棒(口腔上皮)以外の特殊検体 1個につき:+33,000円
DNA鑑定キットの速達発送(私的鑑定) +3,300円
検体採取立会い(法的鑑定) 被検者全員で代理店へ訪問(立会人費用を含む):0円
立会人費用(2か所で別々に代理店を訪問):+22,000円
出張費用(出張による検体採取):+33,000円
立会人費用+出張費用:+55,000円
セカンドオピニオン意見書(私的鑑定) +11,000円 ※鑑定日数+5営業日
結果通知方法

私的鑑定

1部につき:+5,500円
メンバーページでのご確認:+0円

法的鑑定

1部:0円
以降、1部につき:+5,500円
国際認定結果報告書の発行(法的鑑定) 1部につき:+33,000円
※料金は全て税込みです

羊水・絨毛膜DNA鑑定
検体採取について

絨毛膜検査(CVS)

通常妊娠10~13週頃に行います。

経腹法または経腟法を用いて検体を採取。
胎盤の位置や医師が最良と判断する採取方法で行います。

採取量:2~3本

羊水穿刺(羊水検査)

通常妊娠14~24週頃に行います。

妊婦の腹部に細い針を刺し、少量の羊水を抽出する経腹法を用いて検体を採取します。

採取量:10㏄~30㏄

母の血液を用いた胎児のDNA型鑑定

・両検査方法には母親のDNAが混在してしまうリスクがあり、検体の再提出が必要になる可能性があります。
代案としては、胎児が生まれるのを待ちへその緒を採取するか、通常の父子鑑定を行うことでリスクを避けることができます。
弊社にて行った上記検査において、4~5%の割合で混在が確認されています。

・経腹法または経腟法を用いての検体採取となりますが、胎盤の位置などを考慮し医師が最良と判断する方法で検体を採取していただきます。

・胎児に及ぶ害や母親のDNAが混在するリスクを考えるとこちらの鑑定より、母親の血液で胎児のDNAを抽出する出生前DNA鑑定のほうが安全と言えるでしょう。

・DNA型鑑定を目的とする検体採取ができる産婦人科医院を見つけるのは容易ではありませんので、主治医とのご相談の上ご依頼をお勧めいたします。

法的鑑定の検体採取

検体採取立会人として、弊社と提携を結んでいる全国各地の司法・行政事務所が全国150カ所以上ございます。
安心して検体採取を行っていただけます。

お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください