DNA鑑定の精度 – 100%正確なDNA鑑定を行うには —

100%正確なDNA鑑定というのは、理論上不可能です
間違いないDNA鑑定

DNA鑑定の精度と確率

近年行なわれているDNA鑑定の精度は、21,000兆(21京)の人を見分けられるほどのもので、これにより得られた結果を否定することは、事実上不可能とされております。
さらに、21,000兆よりも100兆倍多い人を1人ずつ見分けられる精度での検査も可能です。
それでも、確率上100%とは言い切れません。
100%精度の検査は、理論上不可能だからです。

実際間違いはある?

非常に稀なケースではありますが、DNA鑑定により得られた結果が変わることもあります。
海外では、実際の親子であるにも関わらず、3カ所の国際認定の検査機関から、父権肯定確率0%として血縁関係がないと判定された報告があります。
DNA鑑定の精度は開発当時に比べ1億倍以上精度が上がった今でも、突然変異やキメラなどの可能性を完全に排除することができないからです。
人の人生を変える大事な検査として裁判などでも絶対的な証拠として使われていますが、このようなDNA鑑定の限界はあまり認識されていないのが現状です。
上記のような極めて稀な突然変異を言うまでもなく、検査機関でのヒューマンエラーによりミス判定が起こることもあります。
私たちseeDNAではそのような重大なミスを無くすため、国際基準より35精度の検査方法を用いてトリフル検査を行っています。
検体の取り間違いなどを防ぐために、否定の結果が得られた場合同様な検査をもう一度繰り返して行います。
2回の検査で同じ結果が得られるかを確認することで、全てのお客様に最も正確な結果を報告致します。
トリフルチェックの際に一切の追加費用と検体は不要ですが、2回目の検査を行うための時間だけをいただいております。ご安心ください。

100%正確な結果を得るには

人的ミス、または技術的な限界により、事実とは異なる結果が得られた場合の大変さは想像したくもありません。
幸いなことに、弊社では2013年のサービス開始から現在まで、一件も判定ミスはありませんでしたが、検査の限界についてはキチンと明記しなければなりません。
DNA鑑定技術がどれだけ改善されても、現在の分子生物学的検査手法では、根本的な生命の複雑さを全て把握することはできません。
もし、「100%正確な検査をする」と宣伝する業者に出会ったならば、注意が必要です。
現状の分子生物学的手法を用いて100%精度の検査を行うには、地球上の全男性を対象にDNA鑑定を行うことで理論上「100%正確な」DNA鑑定が可能になります。


お気軽にご相談下さい。
ご質問ご相談は完全無料です ▶︎▶︎

認定検査機関の
返金保証+無料相談付きDNA鑑定

TEL 0120-919-097
受付時間 月~日 9:00~19:00(祝日を除く)

誰もが悪質業者に対する注意を呼びかけている中で、 専門知識のない一般の方が正確な結果を提供する業者を、 見分けることは簡単なことではありません。 DNA鑑定は、信頼と実績のSeeDNAにお任せください。

検査のお申し込み ▶︎