お客様の声【双子鑑定】「病院の先生から二卵性双生児です。と言われたと母に聞いていたので、この結果には母も私達も驚いています。」

2017.07.12

お客様からのメール
2017年7月12日に頂いたメールのキャプチャイメージ

2017年7月12日、双子鑑定を依頼された福岡県のお客様からのメールです。

ありがとうございました。
病院の先生から二卵性双生児です。と言われたと母に聞いていたので、この結果には母も私達も驚いています。
テスト結果の肯定確率とは、結果の正確さをあらわしているのでしょうか。

seeDNAからの回答
seeDNAからの回答

** ** 様

お忙しいところご連絡いただき、ありがとうございます。
seeDNAカスタマーサポートの**と申します。

肯定確率が99.9999998%とは、「99.9999998%以上の確率で一卵性双生児」という意味ではございません。
肯定確率とは、鑑定の信頼度を示す遺伝学用語です。
強いて血縁関係有の確率として解析すると「限りなく100%に近い確率で一卵性双生児である」という意味でございます。
この数値を否定することは、不可能とされますのでご安心くださいませ。

私どもも何とか**様のお役に立つことができ、なによりです。
今後ともDNA型鑑定についてのご質問やご相談などございましたら、いつでもお気軽にお問合せ下さい。

このたびは弊社サービスをご利用頂き、誠にありがとうございました。