DNAを調べるか迷う… DNA検査のメリットとデメリットをご紹介!

2021.05.31

DNA鑑定

DNA鑑定

「DNAを調べる」という言葉が、巷にも大きく広がっている昨今ですが、厳密にいうと「DNA鑑定」と「遺伝子検査」という二つの意味に区別がされます。

一般的にDNA鑑定は、親子の血縁を知るための検査を意味しますが、近年、病気のリスクや才能などを知るための「遺伝子検査」が注目を浴びています。

これらのDNAの検査に大きな興味はあるが、受けることに迷われる方もおられるのではないのでしょうか。
今回はそういった方に向けて、それぞれのDNA検査のメリット・デメリットを紹介していきます。

まず、親子の血縁を知るためのDNA鑑定は、ほぼ100%に近い確率の結果がわかります。

DNA鑑定のメリットとは、「法律上」の親子関係か「生物学上」の親子関係かを自分の中でハッキリさせることができるということです。
法律上も生物学上も親子関係であることが一番の望みではありますが、わだかまりを持ち続けるよりも、真実を知ることで次のステップへと進むことができます。

例えば法的DNA鑑定は、多くは父親に対して遺産や養育費などの子どもの権利に関わる効力を持ちます。
経済面の保険になるとともに、子どもの成長環境を整えるのに必要となります。

逆にデメリットは、限りなく真実に近い結果であるがゆえに、「真実を知りたいけど、期待と違った場合どうしよう・・」という葛藤に苦しむこともあります。
また、生物学的に親子関係が否定された場合、離婚の可能性や子供のメンタル面や発育に影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

遺伝子検査

遺伝子検査

次に、病気のリスクや才能などを知るための遺伝子検査についてですが、親子DNA鑑定とは異なり、ほぼ100%の結果を示すものではありません。
したがって、病気のリスクを判定できるものの、医学的な診断を示す検査にはなりません。

しかし、それが逆にメリットとなります。
「遺伝子要因」に生活習慣などの「環境要因」が加わることで発症する疾患リスクの可能性を調べているため、鑑定結果を知る事で病気の早期発見や生活習慣の改善に生かすことができます。
また、自分にはどんな才能や能力が備わっているかを把握する事で、職業やスポーツ、趣味の選択がしやすくなります。

デメリットは、心理的な負担や疾患リスクを家族や家族になるかもしれない人と共有してしまう可能性があることです。
すなわち、遺伝子は受け継がれていくため、両親や兄弟、自分の子どもにも同様の可能性があるということになります。

今回は自分のDNAを調べることに関して迷っているという方に向けて、血縁関係を調べるDNA鑑定や病気のリスクや才能などを知るための遺伝子検査に分けてメリットとデメリットを紹介しました。

どちらにも共通して言えることは、今ではなく未来を見据えて行動することではないでしょうか?

seeDNAでは、No.1検査機関としての安心サポートを行っております。まずはこちらからお問い合わせください。
https://seedna.co.jp/company/contactform/

日本で唯一、出生前DNA鑑定が国内で完結する機関です。 父子鑑定も自社ラボで扱っております。 その他、複雑な鑑定に関しましてもご相談ください。