黄泉がえり~あの幸せな日々をもう一度~

 寒い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 以前、韓国でクローン犬を作っている会社があると話題になりました。クローンを作りたい犬の皮膚などをその会社に送ると、1匹につき10万ドルでクローン犬が手に入るそうです。
 その会社とは、スアム生命工学研究院というところなのですが、犬のクローニング技術に関しては世界一と言っても過言ではありません。
 クローン犬を生み出す原理は次の通りです。代理母犬の卵子の核を取り除き、そこにクローンを作りたい犬のDNAを注入し、その卵子を代理母犬の子宮に戻して着床させます。すると代理母犬の胎内でクローン犬は育ち、帝王切開で誕生します。生まれたクローン犬は検疫を経て、依頼者のもとに送られます。
 上述の研究院によると、生まれたクローン犬の性格は、環境によって小さな差異はありますが、基本的にはクローンのもととなった犬と同じ性格だそうです。
 気になる寿命ですが、流産や出生後数週間の壁を越えれば、同種の犬と同じくらいの寿命があるようです。(個人的な意見ですが、細胞自体の寿命は決まっているので、老衰で亡くなった犬の細胞を亡くなる直前などに採取した場合は、短命な気がします……)また、クローンのもととなった犬がガンなどの病気で亡くなった場合は、将来的にクローン犬もその病気になる確率が高いようです。

現状、日本ではクローン犬を作ることはできないので韓国の研究院に依頼しないといけませんが、特に法規制などがなされていないので、日本国内の需要が見込め、設備を整えることができれば日本国内でもクローン犬を作る会社はできるでしょう。しかし、倫理的な問題があり、動物愛護団体などから猛反対を受けることは容易に想像できます。また、クローンを生み出すことができる確率は実験動物のマウスでさえ約10%といわれているので、リスクも伴います。

人間は生者必滅の理に抗うことができるのでしょうか。
クローン犬に興味があれば、一度調べてみるのも面白いかもしれませんね。

お気軽にご相談下さい。
ご質問ご相談は完全無料です ▶︎▶︎

認定検査機関の
返金保証+無料相談付きDNA鑑定

TEL 0120-919-097
受付時間 月~金 9:00~19:00(平日のみ)

誰もが悪質業者に対する注意を呼びかけている中で、 専門知識のない一般の方が正確な結果を提供する業者を、 見分けることは簡単なことではありません。 DNA鑑定は、信頼と実績のseeDNAにお任せください。

検査のお申し込み ▶︎